M&A速報

コシダカホールディングス<2157>、ボウリング場運営のスポルトとボウリング事業を譲渡

2012/09/28

コシダカホールディングスは、連結子会社でボウリング場運営事業を手掛けるスポルト(東京都新宿区。売上高29億6000万円、営業利益△1400万円、純資産△2億1700万円)の全株式を譲渡するとともに、コシダカホールディングスのボウリング事業の全部を、投資事業を運営するヴィーナス・ファンド(東京都渋谷区。純資産200万円)に譲渡することを決議した。

コシダカホールディングスはカラオケ事業、カーブス事業と共にボウリング事業の収益拡大を目指してきた。その結果、ボウリング事業は黒字化に向けた見通しをつけることができた。しかし、同社グループ内の事業としてより高い成長を期待することが難しいと判断し、ボウリング事業を譲渡することを決めた。譲渡する事業の売上高は28億9000万円、営業利益は△1億6300万円。

譲渡価額は500万円。譲渡予定日は2012年10月10日。

M&Aデータベース

関連の記事

変化する「カラオケ」の業界地図とビジネスモデル「コシダカ」の挑戦とは

変化する「カラオケ」の業界地図とビジネスモデル「コシダカ」の挑戦とは

2021/03/14

カラオケ店「カラオケまねきねこ」を全国展開しているコシダカホールディングスが、カラオケ事業で攻勢をかける。コロナ禍をビジネスチャンスと捉え積極策に打って出るもので、M&Aなどで居抜き(設備や備品などが付いたままの物件)出店やドミナント(特定地域への集中出店)戦略を推進する。

日本初のスピンオフIPO!コシダカ株は買うべきか?

日本初のスピンオフIPO!コシダカ株は買うべきか?

2020/02/21

コシダカがカーブスをスピンオフ!初のスピンオフ事例を徹底解説ー3月2日に日本で初めてスピンオフIPOが実施される。スピンオフとはどんなスキームなのか。コシダカホールディングスの株は買いなのかを検証する。

IT・ソフトウエア業界はM&Aがお好き

IT・ソフトウエア業界はM&Aがお好き

2019/01/25

2018年の業種別M&Aで、件数が最も多かったのはIT・ソフトウエア業界の125件だった。2位がその他サービス業界の120件、3位が電気機器業界の38件と続いた。

【まとめ】2018年1月-3月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2018年1月-3月に発表された 主要なM&A案件

2018/05/16

2018年1月-3月に発表された 国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

【2018年2月M&Aサマリー】買収は53件…「適時開示」ベース

【2018年2月M&Aサマリー】買収は53件…「適時開示」ベース

2018/03/02

東証の「適時開示」ベースで、2月の買収案件(グループ内再編は除く)は53件となり、前月より8件増えた。IN-OUT型M&Aが9件あり、コシダカホールディングスは女性向けフィットネスの米カーブスを約185億円で傘下に収める。

【コシダカホールディングス】女性を招くフィットネス 買収後に飛躍的成長

【コシダカホールディングス】女性を招くフィットネス 買収後に飛躍的成長

2016/11/24

女性だけのフィットネスクラブ「カーブス」を運営するコシダカホールディングスはもともと中華料理店だった。1990年にカラオケ事業を開始、2008年にカーブス事業を買収し急成長した。その一方、ボーリング事業は早々に撤退するなどM&Aは迅速な経営判断が光る。

M&A速報検索

クリア