M&A速報

コシダカホールディングス<2157>、女性向けフィットネスの米カーブスを買収

2018/02/17

コシダカホールディングス<2157>は、女性向けフィットネスクラブ「カーブス」を展開する米カーブス・インターナショナル・ホールディングス(テキサス州)など2社を買収すると発表した。買収総額は約185億円(このうち株式取得価額は約82億円)。フランチャイズ契約に基づき、国内でカーブスを店舗展開(1月末現在、1860店舗)しているが、今回、米国の本部を傘下に収めて世界的なフランチャイザーの立場となる。

「カーブス」は利用者もスタッフも女性限定のフィットネスクラブとして1992年に米国でスタートし、最盛期には北米7000店舗、全世界1万店舗まで拡大したが、2008年のリーマンショックで業績が悪化し、店舗数も減少していた。規模を縮小後、経営にあたっていた米ファンドが今回全株式を手放すことになったのに伴い、コシダカグループが買収を決めた。株式取得予定日は2018年3月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

「ザ・ノース・フェイス」「鬼ころし」「スタバ」がストローで攻勢 プラごみ削減で

「ザ・ノース・フェイス」「鬼ころし」「スタバ」がストローで攻勢 プラごみ削減で

2021/04/21

外食産業でプラスチックストローの廃止や生分解性ストロー導入の動きなどが再び盛り上がる気配を見せている。

変化する「カラオケ」の業界地図とビジネスモデル「コシダカ」の挑戦とは

変化する「カラオケ」の業界地図とビジネスモデル「コシダカ」の挑戦とは

2021/03/14

カラオケ店「カラオケまねきねこ」を全国展開しているコシダカホールディングスが、カラオケ事業で攻勢をかける。コロナ禍をビジネスチャンスと捉え積極策に打って出るもので、M&Aなどで居抜き(設備や備品などが付いたままの物件)出店やドミナント(特定地域への集中出店)戦略を推進する。

日本初のスピンオフIPO!コシダカ株は買うべきか?

日本初のスピンオフIPO!コシダカ株は買うべきか?

2020/02/21

コシダカがカーブスをスピンオフ!初のスピンオフ事例を徹底解説ー3月2日に日本で初めてスピンオフIPOが実施される。スピンオフとはどんなスキームなのか。コシダカホールディングスの株は買いなのかを検証する。

IT・ソフトウエア業界はM&Aがお好き

IT・ソフトウエア業界はM&Aがお好き

2019/01/25

2018年の業種別M&Aで、件数が最も多かったのはIT・ソフトウエア業界の125件だった。2位がその他サービス業界の120件、3位が電気機器業界の38件と続いた。

【まとめ】2018年1月-3月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2018年1月-3月に発表された 主要なM&A案件

2018/05/16

2018年1月-3月に発表された 国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

【2018年2月M&Aサマリー】買収は53件…「適時開示」ベース

【2018年2月M&Aサマリー】買収は53件…「適時開示」ベース

2018/03/02

東証の「適時開示」ベースで、2月の買収案件(グループ内再編は除く)は53件となり、前月より8件増えた。IN-OUT型M&Aが9件あり、コシダカホールディングスは女性向けフィットネスの米カーブスを約185億円で傘下に収める。

【コシダカホールディングス】女性を招くフィットネス 買収後に飛躍的成長

【コシダカホールディングス】女性を招くフィットネス 買収後に飛躍的成長

2016/11/24

女性だけのフィットネスクラブ「カーブス」を運営するコシダカホールディングスはもともと中華料理店だった。1990年にカラオケ事業を開始、2008年にカーブス事業を買収し急成長した。その一方、ボーリング事業は早々に撤退するなどM&Aは迅速な経営判断が光る。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5