ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

世相を反映する「脱税」 インバウンド増加に伴う消費税不正還付が増加

alt

無申告「ほ脱」事案が増加傾向

2011年度には、国税による査察にも大きな影響を与える、もう一つの税制改正が行われました。それは、故意に申告書を提出しないことによるほ脱犯(単純無申告ほ脱犯)の創設です。「ほ脱(逋脱)」というのは脱税のことを意味します。

従来は、故意であっても故意でなくても、単に「申告書不提出罪(単純無申告罪)」として処罰されることになっていました。法定刑も「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」と比較的軽いものでした。

これに対して、2011年度改正税法の適用以降は、故意に申告をしないで税を免れた者に対する法定刑は「5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金またはこれらの併科」という重いものになりました。

「平成30年度査察の概要」では、他人名義を使用したFX取引(外国為替証拠金取引)に対する無申告ほ脱事案が紹介されています。インターネットを利用した自動売買ソフトを用い、FX取引により多額の利益を得ていたD氏は、数十件の他人名義で取引を行うことにより、所得を隠していたとのことです。その所得に対する確定申告も一切行っていないという事例でした。

消費税の不正受還付未遂と同様、「単純無申告ほ脱犯」に対する告発も2014年度が初のものとなりました。2014年度には2件の告発でしたが、その後、適用事案は徐々に増加し、2018年度には10件の告発となりました。

違法な手口で得たカネに税金はかかるのか

FX取引には直接関係しませんが、2019年8月2日付の朝日新聞デジタルの記事では、FXを取扱う金融会社のアフィリエイト広告から得られた収入を申告せず、約5400万円を脱税した事案が報じられています。健康補助食品販売会社を営む男性社長を名古屋国税局が所得税法違反容疑で静岡地検に告発したものです。

実は、このアフィリエイト収入は男性社長が3万~4万件もの他人名義のFX口座を開設して得たものであり、いわば、アフィリエイトのASPや広告主から騙し取ったお金です。この事案に「単純無申告ほ脱犯」による罰則が適用されるかどうかは不明ですが、そもそも「違法な手口で得た収入を確定申告する義務があるのか」という疑問を持たれる方もいるのではないでしょうか。

この疑問に対する答えはYESです。例えば、所得税法基本通達には「その収入の基因となった行為が適法であるかどうかを問わない」との記載があります。違法に入手した金員に対して適正に税務申告をするケースは考えにくいのですが、違法であったとしても、収入があれば課税の対象にはなるので、確定申告をする義務があるということです。

文:北川ワタル

北川 ワタル

経歴:2001年、公認会計士2次試験合格後、監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)、太陽監査法人(現太陽有限責任監査法人)にて金融商品取引法監査、会社法監査に従事。上場企業の監査の他、リファーラル業務、IFRSアドバイザリー、IPO(株式公開)支援、学校法人監査、デューデリジェンス、金融機関監査等を経験。マネージャー及び主査として各フィールドワークを指揮するとともに、顧客セミナー、内部研修等の講師 、ニュースレター、書籍等の執筆にも従事した。2012年、株式会社ダーチャコンセプトを設立し独立。2013年、経営革新等支援機関認定、税理士登録。スタートアップの支援からグループ会社の連結納税、国際税務アドバイザリーまで財務会計・税務を中心とした幅広いサービスを提供。

学歴:武蔵野美術大学造形学部通信教育課程中退、同志社大学法学部政治学科中退、大阪府立天王寺高等学校卒業(高44期)

出版物:『重要項目ピックアップ 固定資産の会計・税務完全ガイド』税務経理協会(分担執筆)、『図解 最新 税金のしくみと手続きがわかる事典』三修社(監修)、『最新 アパート・マンション・民泊 経営をめぐる法律と税務』三修社(監修)など

北川ワタル事務所・株式会社ダーチャコンセプトのウェブサイトはこちら


NEXT STORY

脱税や不正会計はどうやってバレる? リークするのは「恨み」を買ったあの人かも

脱税や不正会計はどうやってバレる? リークするのは「恨み」を買ったあの人かも

2017-03-12

​税務署は脱税や不正会計をどのように嗅ぎつけているのでしょう。実際にタレこみから調査にいたる案件は10件に1件程度だそうです。しかし税務署が調査に着手した後は、7割以上の確率で告発されるとのこと。どんな人が情報提供者となりうるのでしょうか。

今日は何の日?M&Aカレンダー