ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

欠陥エアバッグのタカタを買収した均勝電子はどんな会社か?

alt
※画像はイメージです

均勝電子の主なM&A(2011-17年)

買収年 事業内容 企業名 買収額
2011年 ドイツ 自動車電子部品メーカー Preh 非公表
2014年 ドイツ 高級車向けステアリングおよび内装部品メーカー Quin 約132億円
2014年 ドイツ 産業用ロボットメーカー IMA Automation Amberg 約19.8億円
2016年 アメリカ 自動車安全部品メーカー KSS 約1030億円
2016年 ドイツ 自動車IT部門 TechniSat Digital 非公表
2017年 日本 非公表品メーカー タカタ 約1750億円

中国政府は2020年までに国際競争力を持つロボットメーカーを3〜5社育成するとの目標を掲げており、均勝電子も産業用ロボットを3大戦略分野のひとつに位置付けている。これまではドイツの自動車関連メーカーの買収が目立つが、今回のタカタをきっかけに日系企業の買収攻勢を強めるかもしれない。

自動運転技術や新エネルギー技術など新しい技術が次々と登場している自動車業界の動向とともに、均勝電子の買収先にも引き続き注目していきたい。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

タカタの民事再生法申請から3カ月、連鎖倒産は「ゼロ」

タカタの民事再生法申請から3カ月、連鎖倒産は「ゼロ」

2017/10/08

製造業としては戦後最大の倒産となった、エアバッグ製造大手のタカタ。民事再生法の適用を申請してから、3カ月が経過し、いまのところ連鎖倒産は「ゼロ」が続いているが、キー・セイフティー・システムズが主導する再建策によっては下請け業者の業績に影響を与えかねない。