ベンチャー経営者100人に直接こんな質問を投げかけてみました・・・社長、買収を考えたことありますか?

なんともセンシティブな質問でしたが、みなさん、ご丁寧に回答してくださいました。

さて、どんな結果になったでしょうか?

アンケートした経営者のデータは以下の通り。(平均値 N=100)
平均設立2006年
平均社長歴9年
平均年齢40歳
平均売上13億
平均従業員数95名

「振り返ってみると、M&Aがなければ、今の会社の姿はないよね。M&Aは、IPOとともに成長を勢いづけた最大の原動力だったよ」

いまや、だれもが知る超優良企業を作り上げ、日本を代表するベンチャー企業家となったある創業社長が最近、こんなことを言っていました。「成功へのターニング・ポイントは?」と聞いた際のお答えでした。

ベンチャー企業の聖地、アメリカ・シリコンバレーではいうに及ばず、日本でも、かの「経営の神様」松下幸之助氏や稲盛和夫氏も、買収を繰り返し、ベンチャー企業から巨大企業グループへの脱皮を果たした時期を経験しています。飛躍を遂げたいベンチャー社長にとって、企業や事業の買収は必ず通るべき道なのかもしれません。

しかし、ことはあまりにもセンシティブな話。軽々しく口にし、周囲に相談できるようなことではありません。ましてや相手が同じ社長である場合は……。

そこで今回、INOUZ Times編集部ではベンチャー社長100人にざっくばらんに聞いてみました。

「社長、買収考えたことありますか?」

【次のページ】「資金がない」という考えは得策ではない?