出口戦略の記事一覧

【M&A相談所】ファンドがエグジットを検討。経営者は関与できるのか

【M&A相談所】ファンドがエグジットを検討。経営者は関与できるのか

ある投資ファンドに資本参加してもらうか検討しています。パートナーとして期待していますが、私が望まない相手に弊社の株式を譲渡しないようにファンドと交渉できるのでしょうか。教えてください。(小売業経営・山梨)

記事を読む
資産管理会社を利用した相続税対策|経営者のためのM&A出口戦略

資産管理会社を利用した相続税対策|経営者のためのM&A出口戦略

M&Aによって会社を売却した場合、多額の資金が経営者に入金されることになる。金額が大きければ大きいほど、自分で使い切ることは不可能だろう。相続税対策には様々な方法があるが、今回は資産管理会社を利用した相続税対策について説明する。

記事を読む
教育資金贈与を利用した相続税対策|経営者のためのM&A出口戦略

教育資金贈与を利用した相続税対策|経営者のためのM&A出口戦略

M&Aを実行すると、経営者に多額の資金が入ってくることが一般的だろう。相続税の最高税率は55%であり、何の対策もしていないと多額の相続税がとられてしまう。相続税対策として今回は教育資金贈与について説明する。

記事を読む
「相続」を「争続」にしないために!遺言信託の活用|経営者のためのM&A出口戦略

「相続」を「争続」にしないために!遺言信託の活用|経営者のためのM&A出口戦略

M&Aを行うと、多額のお金が経営者のもとに入ってくる。しかし、自分で使い切れないほどのお金が入ってくると相続に気をつけなければならない。スムーズに相続を行うために便利な遺言信託について説明する。

記事を読む
病医院の引き継ぎ方・終わらせ方が気になったら最初に読む本

病医院の引き継ぎ方・終わらせ方が気になったら最初に読む本

病医院の引き継ぎ方や終わらせ方が気になりだした医師向けに、病医院の相続にかかる税金や病医院のM&A、廃業、解散などについて具体的な事例を盛り込みながら解説した。

記事を読む
保険の受取人には注意|生命保険を活用したM&A出口戦略(8)

保険の受取人には注意|生命保険を活用したM&A出口戦略(8)

生命保険を活用した相続税対策を行うとき、死亡保険金の受取人に注意する必要があることを皆さんはご存知だろうか? 死亡保険金の受取人に注意を払わないと余計に相続税を払う可能性があるのだ。

記事を読む
正しい生前贈与の仕方|生命保険を活用したM&A出口戦略(7)

正しい生前贈与の仕方|生命保険を活用したM&A出口戦略(7)

近年、生前贈与を行う人が増えている。税務署からすると、非課税枠の110万円の贈与を行われると本来相続の時に取れるはずの税金が取れないことになる。 今回は、万が一税務調査に入られても問題のない生前贈与の行い方のポイントについて説明する。

記事を読む
預貯金よりも圧倒的に有利|生命保険を活用したM&A出口戦略(6)

預貯金よりも圧倒的に有利|生命保険を活用したM&A出口戦略(6)

相続税対策に生命保険を活用するメリットは主に3つある。保険金が下りるスピードが速い、死亡保険金の非課税枠、遺言の対象外という点に着目したい。生命保険には預貯金にない様々なメリットがあるのだ。

記事を読む
医療保険に「贈与」を絡める|生命保険を活用したM&A出口戦略(5)

医療保険に「贈与」を絡める|生命保険を活用したM&A出口戦略(5)

生命保険を利用した相続税対策には様々なスキームがあるが、今回は「医療保険に贈与を絡める節税方法」について説明する。贈与資金を利用して子供や孫の一生涯の医療保障を用意するスキームになる。

記事を読む
被保険者を孫や子供にする|生命保険を活用したM&A出口戦略(4)

被保険者を孫や子供にする|生命保険を活用したM&A出口戦略(4)

M&Aの売却金をそのままにしておくと、 相続の時に多額の税金が取られることになってしまう。 生命保険を利用した相続税対策には様々なスキームがあるが、今回は「被保険者を孫や子供にするスキーム」について説明する。

記事を読む
「相続時精算課税制度」って?|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(3)

「相続時精算課税制度」って?|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(3)

今回は「相続時精算課税制度」を用いたスキームを取り上げる。最大2500万円という大きなお金を一括で移すことができるのでM&A長者など相続税対策が必要な人には特に大きな効果を期待できるだろう

記事を読む
終身保険に「贈与」を絡める|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(2)

終身保険に「贈与」を絡める|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(2)

企業を売却する中小企業が増加傾向にある。オーナーは保有している自社株を手放すので、売却代金が入ってくる。多額の現預金を保有したまま相続が発生すると、遺族は多額の相続税を納めなくてはならない。生命保険を活用した相続税対策を解説する。

記事を読む
会社を売却する時、検討すべき相続対策とは?|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(1)

会社を売却する時、検討すべき相続対策とは?|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(1)

会社を売却すると中小企業のオーナーには大金が手元に入ることが一般的だ。多額の現預金を保有したまま相続が発生すると、遺族は多額の相続税を納めなくてはならない。生命保険を活用した相続税対策について解説する。

記事を読む
【中小企業のM&A】M&A交渉人に必要なスキルとは?

【中小企業のM&A】M&A交渉人に必要なスキルとは?

M&Aの交渉に欠かせないアドバイザー。アドバイザーとは売手か買手、どちらかにつく。売手と買手の間に繰り広げられる虚々実々の応酬。M&Aの交渉人に求められるスキルの一端を、エピソードとともにお伝えする。

記事を読む
DeNAにみるメルカリ・スマホ決済サービスの「出口戦略」とは

DeNAにみるメルカリ・スマホ決済サービスの「出口戦略」とは

スマートフォン決済サービスで「PayPay」と「LINE Pay」の2強がソフトバンクグループ子会社のZホールディングスとLINEの経営統合で合流することになった。一方、同サービスで競合するメルカリの「メルペイ」は赤字が続く。その出口戦略は

記事を読む
「日産への出資比率引き下げ」に垣間見えるルノーの出口戦略

「日産への出資比率引き下げ」に垣間見えるルノーの出口戦略

仏ルノーが日産に対する出資比率を引き下げるとの観測が急浮上している。「両社の関係を対等なものにしていくため」と言えば聞こえはいいが、実態は違う。ルノーの業績不振で日産株の一部を売却せざるを得なくなったというのだ。はたしてルノーの狙いは何か。

記事を読む
新年ごあいさつ|M&A Online編集部

新年ごあいさつ|M&A Online編集部

「平成」からバトンを受けた「令和」が初めて迎える新年。東京2020オリンピック・パラリンピックが待ち受けるビッグイヤーの幕開けでもあります。時代のうねりの中、気持ちを新たに、「M&A Online」ならではの情報発信に一層努めてまいります。

記事を読む
ベンチャー投資契約、今求められる「M&A」対応 菅沼 匠弁護士に聞く

ベンチャー投資契約、今求められる「M&A」対応 菅沼 匠弁護士に聞く

ベンチャー企業の「出口(エグジット)」戦略として、従来のIPO(新規株式公開)に代わり、M&Aを活用するケースが増えつつある。こうした中、M&Aを前提とした投資契約の重要性がクローズアップされている。投資契約の最新事情を専門家に聞いた。

記事を読む
スタートアップワールドカップ2020 巨大優勝カップを「日本代表」は再び手にできるか

スタートアップワールドカップ2020 巨大優勝カップを「日本代表」は再び手にできるか

​60以上の国と地域の代表によって事業内容の優劣を競うスタートアップワールドカップ2020の世界決勝戦が2020年5月22日に米国のシリコンバレーで開催される。日本では2019年11月28日に東京、2020年2月6日に大阪で予選を実施する

記事を読む
【サンデンHD】流通システム事業をファンドに売却し、自動車機器に集中

【サンデンHD】流通システム事業をファンドに売却し、自動車機器に集中

サンデンホールディングスは店舗用冷蔵・冷凍ショーケース、自動販売機を手がける流通システム事業から撤退することを決断した。自動車機器事業に続く第2の柱として60年を超える業歴を持つが、今回、事業切り離しという大ナタを振るう理由とは。

記事を読む
外国人向け求人事業のJapanWorkがM&Aでエグジット

外国人向け求人事業のJapanWorkがM&Aでエグジット

エン・ジャパンが外国人向け求人一括検索サイトを運営するJapanWork(東京都港区)を子会社化する。大企業の傘下に入り豊富な経営資源を活用できる環境を手に入れたJapan Workの今後の成長軌道はどのようなカーブを描くのか。

記事を読む
葬儀事業をAIで解析、新ビジネス探る ライフアンドデザイン・グループ

葬儀事業をAIで解析、新ビジネス探る ライフアンドデザイン・グループ

葬儀会社のM&Aによって、わずか3年で業界3位(同社推定)にまで浮上したライフアンドデザイン・グループの村元康社長は、早稲田大学の客員教授という異色の肩書きを持つ。村元社長に今後の戦略を聞いた。

記事を読む
ベンチャーにもCFOを 企業価値上げて成長軌道に乗るには 

ベンチャーにもCFOを 企業価値上げて成長軌道に乗るには 

ベンチャー企業でも最高財務責任者(CFO)を置くことで、企業成長を加速することができる。そんな御旗を掲げ、社外CFOとして活動している企業がある。社外CFOとはどのような活動なのか。

記事を読む
美味しいものを安く手に入れ、食品ロスをなくす MAOガールインタビュー(12)

美味しいものを安く手に入れ、食品ロスをなくす MAOガールインタビュー(12)

食品ロスをなくそうとフードシェアリングサービス「TABETE」を立ち上げたコークッキング(東京都港区)。学生レポーターの山口萌さんが同社の川越一磨社長に今後の事業展開や出口戦略などについて聞きました。

記事を読む
【編集部から新年のご挨拶】

【編集部から新年のご挨拶】

明けましておめでとうございます。「M&A Online」にご声援をいただき、誠にありがとうございます。2019年は「平成」から、次代にバトンタッチする節目の年。新時代のうねりを「M&A Online」ならではの情報発信に努めてまいります。

記事を読む