池澤あやかの「M&Aって、ホントはどうなの?」|SHIFT丹下 大社長に聞く(後編)

alt

前回のPart.2ではSHIFTの丹下 大社長に日本のエンジニアについて伺いましたが、今回はSHIFTグループの成長に欠かせないM&Aについて伺いました。一般的なイメージを覆すSHIFT流M&A論についてあれこれお話しを聞けたので、一読の価値ありです。

基準を明確にすると案件が集まる点で、M&Aと不動産投資は似ている

池澤 SHIFTさんは、M&Aを積極的に活用されて事業を拡大していますが、M&Aするとき、どうやって会社を見つけているんですか?

丹下 仲介会社経由が6割、残り4割はM&Aした会社の紹介で独自に動くパターンですね。SHIFTグループに入った会社の社長さんが生き生きと仕事している姿を見た、他の社長さんが羨ましがるらしく、その紹介から輪が広がっている感じです。今、独自リストが約250社あり、その中から毎月20件くらい動かしている感じです。

「SHIFT流」M&Aのツボを熱く語る丹下 大社長

池澤 M&Aされた社長さんが生き生き働いているって、すごくいいですね。丹下社長はM&Aをするかどうか、どういう基準で決めているのですか?

丹下  EBITDAマルチプル5倍以下が、ひとつの基準です。日本の相場は7〜8倍、海外は10倍といわれますが、僕らは5倍以下じゃないと買いません。これって不動産投資と似ているんですよ。

例えば、駅から3分以内で障害物がないなどの基準に合っていて、家賃がいくら取れるマンションならば必ず買う不動産投資家がいるとします。そうすると営業は、その条件にはまる物件が出ると、必ずその人に提案するんですよ。

当たり前ですよね、買ってくれますから。逆に言えば、基準がぶれていて、どんな物件を買うのかわからない人のところには物件情報が集まりません。M&Aも同じで、基準を決めて明言することが鉄則だと思っています。

池澤 不動産投資に例えると、わかりやすいですね。私の周りはスタートアップやベンチャーが多いのですが、M&Aの対象になりますか?

丹下 僕らのM&Aには2種類あって、ひとつはエンジニアの数を取りにいくM&A、もうひとつは技術を取りにいくM&Aです。例えばですが、Slackみたいな会社の場合、技術を取りいくM&AなのでEBITDAマルチプル5倍の基準に捉われず買いにいきます。その技術が戦略上必要だからです。

スタートアップの場合、そもそもエンジニアの数が少なからず前者のM&Aに当てはまらないので、後者のパターンになります。ですが、日本には世界で戦える技術を持つスタートアップはほとんどいないので、余程のことがない限り買いません。

買収先の社名も変えない、コストダウンもしない

池澤 SHIFT流のM&A論を教えていただけますか?

丹下 多くの企業は、新規事業が当たるとか、R&Dが当たるとかが、事業拡大のファクターだと思っていますけど、僕はその論を信用していません。だって、GoogleやMicrosoft、Appleを見ればわかる通り、創業事業以外の成長事業は、どれもM&Aで手に入れているじゃないですか。

池澤 つまり、事業を拡大するならR&Dより、M&Aの方が確実ということですか。

丹下 例えば、僕が会社を売るとしたらソフトバンクの孫(正義)さんクラス以外に売る気はありません。なぜなら、孫さんの持つネットワークや経営力、資金力があれば、SHIFTはもっと大きな会社になれるからです。そうじゃなければ売る意味ないですよね。

それを自社に置き換えると、SHIFTにM&Aされる会社は、グループに入ることで僕らのアセットを利用して、自社IPOより会社が大きくなると考えたからM&Aに応じたのだといえます。僕らは相手を制圧しようなんてまったく思っていないので、関係は完全にフラットです。しかも、M&Aされた側にも株を配りますから、彼らは2段構えでリターンを得られて、本当にWin-Winになれるんですよ。

池澤 買収とか売却という言葉から、M&Aは主従関係をイメージしがちですけど、実際は違うんですね。

丹下 僕らはM&A後も、社名を変えませんし、社長の給料がいくらか知りませんし、人事制度もいじりません、販管費のコストダウンもしたことがありません。だって、コストダウンより売上を上げたほうが、みんなハッピーでしょ。

SHIFT丹下社長(左)と池澤あやかさん

NEXT STORY

池澤あやかの「M&Aって、ホントはどうなの?」|SHIFT丹下 大社長に聞く(中編)

池澤あやかの「M&Aって、ホントはどうなの?」|SHIFT丹下 大社長に聞く(中編)

2021/02/22

Part.1ではSHIFTの丹下大社長にソフトウェアの品質保証・テスト事業の特徴について伺ったので、今回は日本のエンジニアの働き方をテーマにいろいろお話ししました。丹下社長はエンジニアを高く評価してくださるので、私も嬉しい気持ちになっちゃいました。ではPart.2を始めましょう。

関連のM&Aニュース