menu
Social media

ビジネス

【M&Aインサイト】進む運送業界の合併・買収

Cover 44e582ff 4400 431f ad6a e066acedd473
画像はイメージです。

販路拡大、3PL事業拡大のためのM&A

海外企業買収も積極的に

 国内貨物の減少に伴い、物流業界では販路拡大のためのM&Aや、3PL(※脚注参照)事業拡大のためのM&A、グローバル事業に向けた海外でのM&Aが活発に行われている。

 国内でも、3PL事業拡大に向けた案件が目立ってきている。日本通運<9062>(東京都)は、2013年12月にNECロジスティクス(神奈川県)、14年1月にパナソニックロジスティクス(大阪府)を買収した。近鉄エクスプレス<9375>(東京都)も、14年4月に同じくパナソニックの全額出資子会社で同社製品の輸出入・三国間貿易手続きを手掛けるパナソニック トレーディングサービス ジャパン(大阪府)を買収し、多様化する物流ニーズへの対応を目指す。

 内外トランスライン<9384>(大阪府)は、13年2月に国際複合一貫輸送業のフライング・フィッシュ・サービス(現・フライングフィッシュ、東京都)から国内で行う国際複合輸送事業を譲り受け、事業規模を拡大した。企業物流大手のセンコー<9069>(大阪府)は、13年9月に家庭紙卸売りのアスト(大阪府)を買収することで製造から販売までワンストップの商流・物流一体型のビジネスモデルを構築している。

 また、独DHLがコニカミノルタ物流(東京都)から全国十数カ所の物流施設・車両を譲り受け、富士通グループの物流を請け負うなど、外資系企業による国内メーカーの企業物流事業取り込みも始まった。このように荷主企業の物流子会社を傘下に収め、3PL化や販路拡大を目指すM&Aが今後も活発化するだろうと予想される。

 一方、宅配便市場では、楽天(東京都)による物流網構築に向けたM&Aが活発化。10年に楽天物流(東京都)を設立、11年には千葉県市川市に「楽天フルフィルメントセンター」(RFC)を、12年には総合フルフィルメントサービス(受注から商品引き渡しまでの一括サービス)「楽天スーパーロジスティクス」の稼働を開始している。さらに、東京・名古屋・大阪の三大都市圏で30を超える配送拠点を保有し、主要都市間での翌日配送サービスを手掛けるエコ配(東京都)と資本・業務提携を締結、米国でも中堅物流会社ウェブジスティクス(米・ネバタ州)を買収、フランスでも物流事業者Alpha Direct Servicesを完全子会社化した。こうして楽天は、全世界に物流網を構築し、アマゾンやイーベイに対抗する戦略を着々と進めている。

業界動向

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【SBSホールディングス】5年間で売上を8倍にした物流ベンチャーのM&A戦略とは?

【SBSホールディングス】5年間で売上を8倍にした物流ベンチャーのM&A戦略とは?

2015年で創業27年を迎えるSBSホールディングス。03年にM&Aに乗り出して以来、相次ぐM&Aで売上高は5年で8倍の1470億円を達成。業界上位5社入りを目標とするM&A戦略をたどる。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344