グリーは、アトランティスを子会社化し、スマートフォンにおけるアドネットワーク事業を新たに開始する。

グリーは、スマートフォン版SNS「GREE」に様々なアプリを提供することが可能な「GREE Platform For Smartphone」を開発パートナーに公開し、プラットフォーム事業を推進している。

今回、無料の広告配信システムであるアドサーバー「アドランティス」を運営し、スマートフォン向けアドネットワークを展開するアトランティスの子会社化を通じて、アドネットワーク事業を新たに開始することで、スマートフォンにおける「GREE Platform」のトラフィック活性化やマーケティング力向上による事業の強化を図る。

また、今後スマートフォンの普及、広告表現力や機能向上などにより、新たな広告市場の急成長が見込まれるため、グリーとしても、ソーシャルアド機能(SNSのソーシャル情報をもとにした最適な広告配信を行う機能)の拡充など、ソーシャルグラフを活用したアドネットワーク事業を通じてスマートフォンにおいても広告事業の拡大に努める。

グリーが取得する、アトランティスの株式数は、3,868株(議決権比率77.1%)。

取得価額は、1,607百万円。

また、今後グリーが、残りのアトランティスの普通株式1,146株(議決権比率22.9%)を、既存株主から一定の条件のもとで段階的に取得し、将来的にはアトランティスを完全子会社とする予定。