【イチネン】コロナ禍の中、着実に進むM&A戦略

alt
自動車リースはイチネンホールディングスの主力事業(写真はイメージです)

イチネンホールディングス<9619>が、コロナ禍をものともせず、着実にM&A戦略を実行している。

同社は2021年10月1日にガラス加工製品メーカーの新光硝子工業(富山県砺波市)の全株式を取得し、子会社化した。イチネンが持つケミカル事業や機械工具販売事業、合成樹脂事業での製造ノウハウと、新光硝子の技術を融合し、新たな事業分野に進出するのが狙いだ。

この5年間のM&Aを見ると、2017年に機械、工具販売のゴンドー(福岡県久留米市)を子会社化したのに続き、2018年には自動梱包機製造の昌弘機工(大阪府四条畷市)と、自動車部品製造のトヨシマ(大阪府池田市)を子会社化した。

2019年には自動車部品付属品販売のアクセス(大阪市)の事業を、2020年には遊技機器部品製造の浅間製作所(名古屋市)の事業をそれぞれ取得し、今回の新光硝子工業の子会社化につなげた。

企業成長の中心にM&A

同社は1930年に大阪市内で石炭販売業を営む黒田重太郎商店を創業したのが始まりで、1969年に自動車リース業、自動車整備業、損害保険代理業を開始し、1980年に自動車メンテナンス受託業を始めた。

2000年に自動車リース事業の規模拡大を目的に、野村オートリースとアルファオートリースグル-プに取り込んだのを皮切りに、次々とM&Aを実施し事業領域と事業規模を拡大してきた。

現在は「自動車リース関連事業」を中心に「ケミカル事業」「パーキング事業」「機械工具販売事業」「合成樹脂事業」の5事業を展開しており、事業規模の拡大などを目的にM&Aを積極的に行っている。

コロナ禍の中でも、この方針に変更はなく、今後も企業成長の中心にM&Aを据えていくものと見られる。

イチネンホールディングスの沿革と主なM&A
1930 大阪市内で黒田重太郎商店(石炭販売業)を創業
1963 黒田商事(現イチネンホールディングス)を設立
1969 社名をイチネン(現イチネンホールディングス)に変更
1969 自動車リース業、自動車整備業、損害保険代理業を開始
1980 自動車メンテナンス受託業を開始
1994 大阪証券取引所市場第二部に上場
2000 自動車リース事業の規模拡大を目的に野村オートリースをグル-プ会社化
2000 自動車リース事業の規模拡大を目的にアルファオートリースをグループ会社化
2001 セレクトをグループ会社化
2002 パーキング事業を開始
2003 東京証券取引所市場第二部に上場
2005 大阪証券取引所市場第一部に上場
2005 東京証券取引所市場第一部に上場
2005 IKLをグループ会社化
2006 ケミカル事業の拡大を目的にタイホー工業をグループ会社化
2010 イチネンとユアサオートリースがイチネンを存続会社として合併
2010 ITLの全株式を取得し、グループ会社化
2010 イチネンとITLがイチネンを存続会社として合併
2011 イチネンパーキングとリアルドパーキングがイチネンパーキングを存続会社として合併
2012 前田機工の全株式を取得し、グループ会社化。機械工具販売事業に参入
2012 ジコーの全株式を取得し、グループ会社化。合成樹脂事業に参入。
2013 タスコジャパンの全株式を取得し、グループ会社化。空調工具、計測機器卸売業に参入
2014 機械工具販売事業強化のため、ミツトモ製作所の全株式を取得し、グループ会社化
2015 機械工具販売事業強化のため、共栄の全株式を取得し、グループ会社化
2015 自動車総合サービス事業強化のため、東電リースの全株式を取得し、グループ会社化
2016 イチネン農園、イチネン高知日高村農園を設立し、農業に参入
2016 野村オートリースとアルファオートリースが野村オートリースを存続会社として合併
2017 機械工具販売事業強化のため、ゴンドーの全株式を取得し、グループ会社化
2017 イチネン前田と共栄がイチネン前田を存続会社として合併
2018 昌弘機工の全株式を取得し、グループ会社化
2018 トヨシマの全株式を取得し、グループ会社化
2019 イチネンとイチネンBPプラネットがイチネンを存続会社として合併
2019 アクセスの事業を取得し、グループ会社化
2020 浅間製作所の事業を取得し、グループ会社化
2021 新光硝子工業の全株式を取得し、グループ会社化

NEXT STORY

【静岡銀行】堅実経営が生む資本・業務提携|ご当地銀行のM&A

【静岡銀行】堅実経営が生む資本・業務提携|ご当地銀行のM&A

2021/10/18

総計128の金融機関を集約して誕生した静岡銀行。古くはM&Aにより規模の拡大を図ってきたが、今は業務提携により業容拡大を実現している。