イチネンホールディングスは、自動梱包機や封緘機、包装荷造機などの製造・販売を手がける昌弘機工(大阪府四條畷市。売上高5億3400万円、営業利益600万円、純資産5億3900万円)の全株式を取得し、子会社化した。

イチネンは傘下会社で「自動車リース関連事業」「ケミカル事業」「パーキング事業」「機械工具販売事業」「合成樹脂事業」の 5事業を展開している。昌弘機工は「SPOT」ブランドで自動梱包機などの機械を製造、販売している。イチネンは昌弘機工の子会社化により、機械工具販売事業における取扱商品の充実とともに、新たな商圏に進出することで同事業の一層の拡大を目指す。

取得価額は非公表。取得日は2018年1月25日。