ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【ユニ・チャーム】大型M&Aで“アジア制覇”に一歩前進か

alt

“主戦場”をどう制するか、次の一手に注目

ユニ・チャームの創業者で取締役の高原慶一朗氏が10月初め87歳で亡くなった。最初に建材会社を立ち上げた同氏がなぜ生理用品に転進したのか。

本社が入るビル(東京・田町)

50数年前、中小企業経営者による視察団の一員として訪れた米国のスーパーで生理用品が山積みされて売られている光景を目にしたのがきっかけ。その頃、日本では生理用品は薬局の奥で人目を気にしながら売られていた。彼我の違いを目の当たりにし「日本でも生理用品をつくろう」と決意したのが同社の原点だ。

生理用品の成功に紙おむつが続き、同社のサクセスストリーがつづられるようになった。現社長の高原豪久氏は慶一朗氏の長男で、2001年に2代目社長のバトンを引き継いだ。豪久氏が社長に就任時、500億円程度だった海外売上高はアジアを主体に8倍近くに膨らみ、海外売上高比率も20%から60%に高まり、押しも押されないグローバル企業に飛躍を遂げた。

ただ、世界的には米プロクター&ギャンブルといった巨人が立ちはだかり、国内勢では花王という強豪がいる。主戦場のアジアをどう制するのか、新たなM&Aを含めて次の一手が注目される。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

どうなる? アジアの企業に買収されたら

どうなる? アジアの企業に買収されたら

2016/07/16

シャープが鴻海精密工業に買収されると報道された件は記憶に新しい。ものづくり大国日本の代表格とも言える企業が、大きく成長したアジアの企業に買収されるケースは他にもあり、時代の変化を感じさせる。ニュースでは、企業トップのやりとりばかりが映し出されるが、背後には多大な従業員やステークホルダーがおり、大きな影響を受ける。海外企業に買収された後の組織のカルチャー、国民性の違いについて海外人事に詳しいコンサルタントの森範子氏に聞いた。