M&A速報

ユニ・チャーム<8113>、ミャンマーの衛生用品メーカーを子会社化

2013/03/22

ユニ・チャームは子会社を通じて、ミャンマーの大手衛生用品メーカーMyanmar Care Products Limitedを子会社化することを決議した。Myanmar Care Productsの株式を88%保有するシンガポールの親会社を完全子会社化し、またMyanmar Care Products自体の株式も10%取得する。直接、間接合計の所有比率は98%となる。

Myanmar Care Productsは、ミャンマーで女性用生理用品及びおむつの分野で認知度の高いブランドを展開する有数の衛生用品メーカー。同社がユニ・チャームグループに加わることにより、製品ラインナップの拡充と、生産技術やマーケティングノウハウの相互活用が可能になる。ユニ・チャームは2006年にミャンマーに参入。事業規模は急速に拡大しており、今後は更なる高成長を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2013年6月中。

M&Aデータベース

関連の記事

【ユニ・チャーム】大型M&Aで“アジア制覇”に一歩前進か

【ユニ・チャーム】大型M&Aで“アジア制覇”に一歩前進か

2018/11/08

ユニ・チャームは紙おむつ、生理用品など衛生用品で世界市場を開拓し、海外売上比率は6割に達する。なかでも圧倒的な強みを発揮するのがアジア。9月には600億円を投じてタイの同業大手を買収した。“アジア制覇”にまた一歩前進した格好だ。

2018年は副業元年。副業解禁で注目の大手企業

2018年は副業元年。副業解禁で注目の大手企業

2018/05/12

副業を希望する人材と企業をつなげるシューマツワーカーが、事業拡大資金として4000万円の調達に成功したのをはじめ、今、世間から熱い注目を集めている副業市場。「副業元年」と呼ぶべき2018年になって副業解禁した大手企業を紹介する。

【ライオン】 M&A絡め 、「国内の質的成長」と「海外の量的成長」に挑む

【ライオン】 M&A絡め 、「国内の質的成長」と「海外の量的成長」に挑む

2017/12/05

ライオンは日用品の有力メーカーとして、国内有数のブランド力を誇る。同社は2020年に向けた経営ビジョンで、国内事業の質的成長と海外事業の量的成長を基本戦略とする。こうした国内外での事業伸長に一役買っているのがM&Aへの取り組みだ。