ユニゾン・キャピタルは国内を代表する独立系投資ファンドの一つです。2019年7月に医療法人同愛会(熊谷市)、2020年9月に社会医療法人熊谷総合病院(熊谷市)に出資し、病院の経営支援に乗り出すと発表しました。ユニゾンは2017年5月に運営するファンドからの出資を通して「地域ヘルスケア連携基盤(CHCP)」を設立。地域の病院や介護施設、ヘルスケア関連ビジネスへの経営支援に乗り出す姿勢を鮮明に打ち出していました。企業の事業承継やノンコア事業などのカーブアウト案件を取り扱うことが多く、企業価値向上を重視する投資ファンドの中では、異彩を放っています。

これまで、東ハト(豊島区)やあきんどスシロー<3563>、旧カネボウのクラシエホールディングス(港区)、台湾ティーのGong Chaなどに出資をしてきました。日本と韓国を投資対象としています。

病院の経営支援に乗り出したことで、投資ファンドの新たな在り方を切り開いたユニゾン・キャピタルとは、どのようなファンドなのでしょうか? この記事では以下の情報が得られます。

・ユニゾン・キャピタルの概要
・投資先一覧
・病院の経営支援に乗り出した理由

日本と韓国の機関投資家から集めた4,100億円以上の資金を運用

ゴルフ場
東ハトはゴルフ場開発が倒産の引き金に(画像はイメージ Photo by Photo CHIPS)

ユニゾン・キャピタルは1998年に設立されました。創業メンバーは、現在の代表取締役である林竜也氏と川崎達生氏。また、投資ファンド「インテグラル」(千代田区)の代表取締役・佐山展生氏も設立に携わりました。2020年2月までユニゾンの代表を務めていた江原伸好氏も創業メンバーの一人です。

ユニゾンは2020年3月に共同代表制に切り替え、ワントップだった江原氏が退任。林氏と川崎氏らがパートナーとなっています。

林氏は1991年に東京大学を卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。M&Aや不良債権投資などに携わりました。ユニゾン設立後はアスキー、東ハト、クラシエなどの企業案件を手掛けています。

川崎氏は1990年にゴールドマン・サックス証券に入社。1993年に米ハーバード・ビジネス・スクールに留学してマッキンゼーの戦略コンサルタントとなりました。ユニゾンを設立してからは、建デポ、ミニット・アジア・パシフィック、エノテカ、あきんどスシローなどを担当しています。

現在運用中のファンドは日本の4号ファンド(700億円)と韓国の1号ファンド(3,075億ウォン)、2号ファンド(5,000億ウォン)です。日本のファンドは2015年、韓国のファンドは2019年に募集を終了し、その資金が現在の運用原資となっています。

ユニゾン・キャピタルの名を一躍世に広めることとなったのが、東ハトの再生案件です。東ハトは「キャラメルコーン」や「ポテコ」などの大ヒット商品を持つスナック菓子大手。2002年3月期の売上高は230億円を計上しており、本業の業績は堅調でした。しかし、バブル期にゴルフ場の開発に着手したことで経営の根幹が揺さぶられます。千葉県市原市の「オークビレッヂゴルフクラブ」は預託金の償還請求が急増。千葉市のゴルフ場「トーハト和泉・ゴルフクラブ」は用地買収に失敗してオープンできない状態となりました。

東ハトは2003年3月に民事再生手続きを申請。負債総額は460億円にも上っています。ユニゾンはバンダイナムコホールディングス<7832>、丸紅<8002>とともに東ハトに出資をして経営に参画。ユニゾンはパートナーの木曽健一氏を送り出して東ハトの社長にします。新経営体制になってすぐの2003年7月、東ハトは元プロサッカー選手の中田英寿氏をコーポレートブランドの中核を担うチーフ・ブランディング・オフィサーに起用しました。中田氏を執行役員として招いたのです。

倒産によってブランドが毀損した東ハトのイメージ回復戦略には、目を見張るものがありました。ユニゾンは3年後の2006年7月に山崎製パンに売却しています。

ユニゾンの投資分野は消費財からサービス、小売、製造業、ヘルスケアなど多岐に渡っています。

■国内の投資実績

企業名事業内容支援内容投資期間エグジット
共和薬品工業 医薬品の製造・販売 医薬品事業にとどまらない製品・サービス展開を目指す 2019年12月- -
CHCPホスピタルパートナーズ 投資先病院に対し病院運営の支援サービスを提供 有力病院とのアライアンスを通じて、ユニゾンの投資先の病院群に対して、病院運営の支援サービスを提供 2019年7月- -
シダックス 総合アウトソーシングサービスプロバイダー 健全なガバナンス体制の整備を通じ、事業の選択と集中や営業体制強化を促し、EBITDA伸長を支援 2019年7月- -
ピュール 消費財製造・販売 主力ブランド「利尻ヘアカラー」シリーズの国内外におけるさらなる成長に加え、新商品・ブランドの積極的な開発やOEM事業拡大を目指す 2019年6月- -
資さん うどん店チェーン運営 組織体制の強化と新規出店を行うことで成長を加速させる 2018年3月- -
ミナシア(旧株式会社フォーブス)ホテル・レストラン運営 組織体制の強化、新規出店の加速などの成長戦略を実行し、ミドルクラスの宿泊特化型ホテルセグメントにおけるリーディングカンパニーを目指す 2017年12月- -
CHCPファーマシー 調剤薬局の買収及び運営 効率的かつ質の高いサービスを提供しながら事業拡大を目指す 2017年9月- -
ダイナミクス マルチブランド外食チェーン 働き方改革による、採用促進及び離職抑制を達成することで、更なる出店強化を目指す 2017年6月- -
LTLファーマ 長期収載品に特化した製薬会社 製品承継の協議をすすめ取扱製品の拡大を目指す 2017年4月- -
ゆこゆこ シニア向けサービスプラットフォーム 旅行領域以外への業容拡大をすすめ、シニア・ライフスタイル・プラットフォームへの進化を目指す 2016年8月- -
建デポ 会員制総合建材店 リフォーム需要の高まりに呼応して、店舗網とサービスの両面での成長を目指す 2015年10月-2019年6月 コーナン商事に譲渡
あゆみ製薬 医薬品の製造・販売 リウマチ・整形領域におけるスペシャリティファーマを目指す 2015年8月-2019年4月 ブラックストーンに譲渡
デクセリアルズ エレクトロニクス分野を中心とする機能性材料の製造・販売 スマートフォンやタブレットPC市場拡大に伴う事業拡大を支援 2012年9月-2016年3月 IPO
Nexcon Technology 二次電池向け保護回路の製造・販売 事業拡大と経営体制強化をテーマに創業者(経営メンバー)とマネジメント・バイアウト(MBO)を実行 2012年7月-2018年12月 個人投資家に譲渡
昭和薬品化工 医薬品、歯科薬品の製造・販売 事業パートナーである株式会社ジーシーとのシナジーの実現 2012年6月-2016年9月 ジーシーに譲渡
旭テック 鉄及び軽合金の鋳造・鍛造による自動車部品の製造 製造拠点のアジアシフト加速とともに、新興国自動車市場の拡大を取り込んだ成長を支援 2012年4月-2018年5月 トピー工業に譲渡
ミニット・アジア・パシフィック 靴修理・鍵複製等の総合リペアサービス 日本・オセアニア・アジア圏でのさらなる成長を目指す 2011年12月-2015年12月 青山商事に譲渡
エノテカ ワイン輸入、卸売、小売 創業者の個人的リーダーシップから組織的経営への移行、ビジネスインフラの拡充等を支援を通じて、成長する国内ワイン市場における事業規模の拡大を支援 2011年3月-2015年3月 アサヒビールに譲渡
イデラキャピタルマネジメント 不動産アセットマネジメント 「我が国有数の不動産AM会社」を目指す 2010年4月-2014年5月 復星グループに譲渡
コスモスライフ マンション・ビル管理 業界再編も視野に更なる成長を目指す 2009年2月-2009年9月 コスモスイニシアに譲渡
Intelsat Holdings 衛星通信サービス 英国の投資会社BCパートナーズによる世界最大の衛星通信サービス会社のバイアウトに、日本からのパートナーとして参画 2008年2月-2017年4月 アント・キャピタル・パートナーズに譲渡
あきんどスシロー 直営回転すしチェーン 経営リソースを追加し、業界リーダーを目指した成長戦略を支援 2007年9月-2012年9月 ペルミラに譲渡
アルテリア・ネットワークス 光ファイバー・インターネット接続サービス USENの全保有株式取得により経営権を取得 2007年3月-2014年2月 CVCキャピタルパートナーズに譲渡
コバレントマテリアル 半導体・液晶関連部材メーカー シリコン事業の分離売却、コスト構造改革、及び新規事業開発を支援 2006年12月-2014年12月 CoorsTekに譲渡
クラシエホールディングス 消費財メーカー 産業再生機構からスポンサーを承継して成長の実現を図る 2006年1月-2012年3月 ホーユーに譲渡
コスモスイニシア マンションデベロッパー 自主独立路線での中長期的成長を支援 2005年6月-2009年9月 事業再生ADRが成立
ドラッグ・イレブン ドラッグストアチェーン  外部人材登用により経営体制を強化し、収益力の向上に取り組む 2003年9月-2006年4月 ポラリスファンドに譲渡
タクミック・エスピー プラスチック成形 国内の開発拠点と海外の量産工場との一体経営を実現 2003年6月-2003年11月 アークに譲渡
東ハト 菓子製造 生産設備や広告宣伝への適切な投資を再開し、あわせて透明性ある経営体制を構築 2003年5月-2006年7月 山崎製パンに譲渡
アスキー IT/メディア 兄弟会社となったエンターブレインとの連携によって先進的メディアグループを構築 2002年3月-2004年3月 角川グループに譲渡
キリウ 自動車部品製造 系列外への営業強化や米国進出を実現 2001年12月-2004年7月 住友商事に譲渡
マインマート 酒類小売フランチャイズチェーン 同業チェーンの買収などにより、規制緩和下での新たな成長戦略を展開 2000年9月-2005年10月 日本アジアホールディングスに譲渡
オリエント信販 消費者金融 経営資源の強化、資金調達手段の多様化で支援 2000年6月-2005年9月 GMOインターネットに譲渡

■韓国の投資実績

企業名事業内容支援内容投資期間エグジット
Sappun 婦人靴小売業 顧客基盤を拡大するためのデータマーケティングとブランディングの強化、サプライチェーンのシステム化、および海外展開への実現を支援 2019年12月- -
Medit 3Dスキャナの開発および製造 販売およびマーケティング戦略、経営陣のリソース補強を支援 2019年12月- -
Rosen Food プロセスチーズの製造販売 経営陣含めた組織体制とガバナンスの強化を通じて、販売力や生産性のさらなる向上を図る 2018年11月- -
FNDNET サプリメントの卸売 組織力・ガバナンスの強化により、販売ネットワークの拡大とマーケティングの強化を支援 2017年4月- -
P2P Systems スペース・施設の運営サービス 韓国のスペース・施設の運営サービス業者大手として"TOZ"ブランドにて会議室、シェアード・オフィス、自習スペース等を運営 2016年12月- -
Gourmet F&B 専門食品商社 ヨーロッパのプレミアム専門食品の輸入販売を行い、プレミアム・チーズのセグメントでのトップシェアを有する食品商社 2016年9月-2017年9月 LFに譲渡
Apelgamo 結婚式場サービス 韓国最大の結婚式場サービス・チェーンとして、"The Chapel"、”LaCucina"、"Apelgamo"ブランドのサービスを展開中 2016年3月-2019年4月 Evergreen Advisorsに譲渡
Gong Cha バブルティー・チェーン グローバルに1,400店舗を展開するプレミアム・バブルティー・チェーン 2014年10月-2019年11月 TA Associatesに譲渡

※ホームページより筆者作成