米アップルが2020年10月13日(日本時間同14日)、新型スマートフォンの「iPhone12」シリーズを発表した。中でも注目されているのが、iPhoneでは初の小型機となる「iPhone12 mini」だ。すでにiPhoneには「SE」シリーズという「小型機」がある。はたして小型機として見た場合、「mini」は「買い」なのだろうか。

小型機としては初の「専用設計」

「SE」シリーズは、正確には「廉価版」という位置づけだ。「SE」の第1世代は「iPhone5s」の、現行の第2世代は「iPhone8」のボディーを流用し、CPUやカメラなどを新型の部品に換装した機種。発売当時の最新機種だった「iPhone6s」や「iPhone11」のボディーが大型化したため、結果として「小型機」になったのだ。

現行「iPhone SE」は「iPhone8」のボディーを流用している(同社ホームページより)

一方、「mini」はオリジナルの専用ボディーで、「iPhone12」を小型化したモデル。そのため小型化で犠牲になったディスプレーサイズ(0.7インチ小さい)と電池寿命(最大ビデオ再生時間が2時間短い)を除き、「12」と同一のスペックとなっている。

それでいて本体サイズは「12」よりも高さが15.2mm、幅が7.3mm小さく(厚さは同じ)、重量は29gも軽い。「小型機は欲しいが、性能は妥協したくない」ユーザーにピッタリの端末といえよう。では「サイズさえ小さければ、性能はそこそこでよい」ユーザーにとっては、現行「SE」よりも魅力的な端末だろうか?

先ず目を引くのは価格だろう。「mini」は「12」よりも1万1000円安いが、現行「SE」より3万円も高く、約1.7倍もする価格設定だ。「mini」は小型機、「SE」は廉価版と考えれば当然の値付けだが、それに見合うかどうかは別問題だろう。