米アップルが2020年10月13日午前10時(日本時間14日午前2時)、新型のスマートフォン「iPhone12」シリーズを発表する。今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行で生産が滞り、例年よりも1カ月遅れの発表となった。

CPUは全機種「問題なし」

「iPhone12」シリーズは同社では初めて第5世代移動体通信規格(5G)に対応し、従来の3モデルに小型機の「mini」が追加されるなど、久々の大幅なモデルチェンジになる。それだけに「買い」の一手との見方が強いが、一方で「まだ過渡的なモデル」との予想もある。

「買い」か「待ち」かは、新製品のスペック次第。どの水準に達していれば「買い」なのか?現行モデルの機能と比較して「合格点」のレベルを探ろう。

現行モデルとの比較で間違いなく変更されるのは、CPUと通信方式だ。CPUは9月に発表し、まもなく販売が始まる「iPad Air」と同じ「A14 Bionicチップ」が全機種で採用される。通信方式も全機種で5G対応となりそうだ。

新モデルと対応する現行モデル一覧(スペックは現行モデル)

新モデルPhone12 Pro MaxiPhone12 ProiPhone12iPhone12 mini*
対応する現行モデルiPhone11 Pro MaxiPhone11 ProiPhone11iPhone SE(第2世代)
CPUA13 Bionicチップ
通信方式4G LTE
ディスプレー6.5インチ/有機EL5.8インチ/有機EL6.1インチ/液晶4.7インチ/液晶
記憶容量64GB 256GB 512GB64GB 128GB 256GB64GB 128GB 256GB
背面カメラ超広角、広角、望遠超広角、広角広角
カメラ画素数1200万画素
最低価格(税別)11万9800円10万6800円7万4800円4万4800円
*iPhone12 miniは新規モデル。参考のため最もコンセプトが近いiPhoneSE(第2世代)を挙げた。