トヨタが参入へ 名車を新エネ車に改造する「コンバート車」とは

alt

「あの歴史的名車が最新のエコカーに!」トヨタ自動車<7203>が1月13日に開幕した「東京オートサロン 2023」で、歴代の人気車をエコカーに改造する「コンバート車」市場に参入すると発表した。これまでコンバート車は、2021年にグッドデザイン賞「金賞」を受賞したOZモーターズ(横浜市)のような専門改造ファクトリーが手がけてきた。なぜ、世界最大の自動車メーカーであるトヨタがコンバート車に参入するのか?

往年の人気車「ハチロク」をエコカーに

トヨタの豊田章男社長は「車好きだからこそ、カーボンニュートラルの道がある。車好きを誰1人置いていきたくない」と、コンバート車市場へ参入する動機を語った。トヨタが公開したコンバート車は、人気漫画「頭文字D」の主人公が運転する「AE86」。1983年に発売され、現在もカーマニアに人気がある。

コンバート車は従来の自動車からエンジンやガソリンタンクなどを取り外し、代わりにモーターやバッテリーなどに換装した改造車のこと。現在、出回っているコンバート車は、電気自動車(EV)がほとんど。OZモーターズでは独フォルクスワーゲン「タイプ1」のコンバートEVである「e-BUG(イーバグ)」を販売している。

OZモーターズでは独フォルクスワーゲン「タイプ1」のコンバートEV「e-BUG(イーバグ)」
OZモーターズでは独フォルクスワーゲン「タイプ1」のコンバートEV「e-BUG(イーバグ)」(同社ホームページより)

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

電気自動車(EV)の「対抗馬」、水素自動車が普及しない理由

電気自動車(EV)の「対抗馬」、水素自動車が普及しない理由

2023-01-13

EVの「対抗馬」と目される水素自動車。しかし、その歩みは遅々として進まない。なぜ水素自動車は普及しないのか?その理由が、ある「出来事」で明らかになった。京都府亀岡市の市長公用車として購入したFCVが、とんだ「足どめ」を食っているのだ。