タピオカドリンクFC展開のプレディクトが破産 負債総額は推定6億円

alt
※画像はイメージです

~タピオカ店「Chatime」をFC展開していた~

プレディクト(株)(TSR企業コード:296215783、法人番号:3010401066157、港区麻布十番1-3-1、設立2004(平成16)年12月、轉充宏社長)は11月21日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には北村晴男弁護士(弁護士法人北村・加藤・佐野法律事務所、港区赤坂4-9-17)が選任された。
 負債総額は推定6億円。

 設立当初はプライベートジムの運営などを手掛けていたが、その後、飲食店に業態を転換。近年はタピオカドリンク店「Chatime」のFC店の経営を中心に事業を展開していた。台湾発の有名タピオカチェーンのひとつとして一定の支持を受け、ピーク時には関東地区に10店舗以上を出店し、2020年10月期には売上高約3億4800万円をあげていた。
 しかし、「新型コロナウイルス」感染拡大やタピオカブームの収束などから経営状況が悪化。コロナ関連融資の利用などで凌いでいたが、支えきれず2022年10月31日までに店舗を閉店し、今回の措置となった。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

タピオカドリンクのプレディクト、「第3の矢」がなく破産

タピオカドリンクのプレディクト、「第3の矢」がなく破産

2022-11-29

2度もヒットを飛ばしたものの、「終わり」はあっけなかった。若者からの絶大な人気を誇ったタピオカドリンク販売のプレディクトが、東京地裁から破産開始決定を受けたのだ。実は同社の子会社に「アンティ・アンズ」を運営するプレッツェルジャパンがあった。