マツダが欧州で「ロータリーエンジン復活」を宣言、その理由は?

alt

マツダ<7261>が、まもなく欧州でロータリーエンジン(RE)の「復活」を宣言するようだ。1月13日にベルギーで開幕する「ブリュッセルモーターショー2023」で、新型REを搭載した小型SUV(スポーツ多目的車)「MX-30」のプラグインハイブリッド(PHV)を発表するのだ。2012年6月に「RX-8」の生産が停止して以来、10年以上の空白期間を経てRE車が再登場する。

なぜ燃費の悪いREをPHVに搭載するのか?

高回転までスムーズに吹け上がるREの再来を期待したロータリーマニアは、肩透かしをくらうかもしれない。実は「MX-30」のPHVモデルに搭載されるREは駆動用には使われない。単なる「発電機」なのだ。スポーツカー向けのエンジンであるREを、なぜ駆動用に使わないのか?

新たなロータリーエンジン搭載車としてデビューする「MX-30」のPHVモデル=写真はEVモデル(同社ホームページより)
新たなロータリーエンジン搭載車としてデビューする「MX-30」のPHVモデル=写真はEVモデル(同社ホームページより)

かつてマツダは、REを従来のレシプロエンジン(ピストンの往復運動を回転運動に変換することでエネルギーを得るエンジン)に代わる「次世代エンジン」と位置づけていた。「RX-8」「RX-7」に搭載した2ローターや「ユーノスコスモ」に搭載した3ローターのREが投入された。小型車・軽自動車向けに1ローターREの開発も進めていたが、燃費を改善できず実用化を断念した歴史がある。

ターボチャージャーの廃止などで前モデルの「RX-7」よりも燃費を改善した「RX-8」ですら、実用燃費は7km/l前後。3ローターの「ユーノスコスモ」に至っては2km/l前後と、「ガソリンタンクに穴を開けて走っているようなもの」と揶揄(やゆ)される始末だった。

そんな燃費の悪いREを「発電機」使うのは、はたして得策なのか?REより燃費の良いレシプロエンジンを搭載する方が、燃費は良いはずではないか?マツダにはハイブリッド車(HV)並みの「SKYACTIV(スカイアクティブ)」エンジンがある。あえてREを選ぶ理由はないはずだ。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

マツダ、トヨタ…ロシア撤退相次ぐ。日本車メーカーには痛手?

マツダ、トヨタ…ロシア撤退相次ぐ。日本車メーカーには痛手?

2022-09-27

マツダがロシア極東部での現地生産から撤退する交渉に入ったことが分かった。日本車メーカーではトヨタ自動車が9月23日にロシア西部の工場を閉鎖し、撤退すると発表している。相次ぐ日本車メーカーのロシア撤退だが、世界戦略で痛手にならないのだろうか?