menu
Social media

ビジネス

【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継 (4/4)

Cover 80c18931 426a 4a67 860f 9bc5dafb2874

昨年、中小企業庁は、中小企業のM&A活用促進を目的とした「事業引継ぎガイドライン」を策定、「事業引継ぎハンドブック」にまとめた。また、これまで一部の地域で展開していた「事業引き継ぎ支援センター」を全都道府県に展開、M&Aを活用した中小企業の事業承継を後押しする体制を敷いた。国が事業承継に力を入れる理由はどこにあるのだろうか。また、どこまでサポートしてくれるのだろうか。東京都事業引継ぎ支援センターのプロジェクトマネージャー木内雅雄氏に伺った。

――事業承継の相談に訪れるのは、
   どのような会社が多いのですか?

 例えば昨年度は、新規の相談社数は636社ですが、そのうち譲渡側の相談が344社、譲受(買収)側の相談が292社になります。また、譲渡側の相談企業を売り上げ規模別に見ると、1億円以下が36パーセント、1~3億円が30パーセント、つまり、3億円以下が3分の2を占めています。

 また、センターが相談を受けた企業で、昨年度、譲渡が成約した企業は32社でした。この中の6社は、民間のM&A支援会社に紹介して、成約に結び付きました。残りの26社のうち、センターが譲受企業を引き合わせしたのは6社。残りの20社は、相手先がいる状況でセンターに相談に来た企業でした。

 ちなみに、譲渡相談者の内、約25%は、後継者が決まっていないなど将来の課題を見据えて早めに相談に来た企業で、約4割は相手先がある相談者です。

――最後に、オーナー経営者に対する
   アドバイスをお願いいたします。

 事業承継の問題は、今日何かしなければたちどころに困るものではありません。しかし、1日でできるものでもありません。長いスパンで取り組むべき課題です。ところが、中小企業の経営者は大変多忙ですから、つい後回しにしがちです。しかし、ひとつだけ確実に言えるのは、経営者に何かあってからでは遅いということです。仮に社長が倒れて会社の業績が下がれば、会社の譲渡は難しくなってしまいます。

 忙しくて準備の暇がないという経営者も、大まかなスケジュール感だけでも把握しておきたいものです。まずやるべきことは、「親族に候補はいるか」「従業員に候補はいるか」という2点を見極めることです。これだけで場合によっては数年かかりますし、その後、第三者への譲渡の方針を固めてからも、適当な譲渡候補先の選定や、譲渡候補先との交渉に数年単位の時間を要することも珍しくありません。

特集取材記事

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

【ベネッセホールディングス】通信教育依存脱却と進むM&Aによる多角化

【ベネッセホールディングス】通信教育依存脱却と進むM&Aによる多角化

「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」などを手掛けるベネッセホールディングス。教育市場の競争激化や個人情報流出事件の影響などにより、通信教育講座の国内会員数が減少する中、予備校や個別指導塾、そして介護・保育、海外事業などへのM&Aを積極的に行っている。M&Aによる多角化の動きを見てみる。


注目の記事

Thumb 19292e88 9d26 4acb 8847 a1a104266bdc

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

充電式の電池(二次電池)をめぐり、事業買収や設備投資の動きが活発化してきた。スマートフォンやパソコンなどの携帯機器向けに需要が急拡大しているためだ。村田製作所<6981>がソニー<6758>の電池事業を2017年9月に買収したほかTDK<6762>が2018年からの3年間で1000億円を投じて、設備を増強する。

Thumb ad4bc512 bad0 437f b6fe d32a13aeaec2
Thumb db219acd 25ec 43cb 8d56 3998b0b0f58a
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c