menu
Social media

ビジネス

【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(3/4)

Cover 90ea1eb9 efd4 418b a3ad bf026895423c

昨年、中小企業庁は、中小企業のM&A活用促進を目的とした「事業引継ぎガイドライン」を策定、「事業引継ぎハンドブック」にまとめた。また、これまで一部の地域で展開していた「事業引き継ぎ支援センター」を全都道府県に展開、M&Aを活用した中小企業の事業承継を後押しする体制を敷いた。国が事業承継に力を入れる理由はどこにあるのだろうか。また、どこまでサポートしてくれるのだろうか。東京都事業引継ぎ支援センターのプロジェクトマネージャー木内雅雄氏に伺った。

――譲受候補について

 前回も言及しましたが、実は相談者の約半数は譲受希望者です。もし、後継者が不在で譲渡を検討している会社で、自分たちの買収ニーズに合致している会社があれば、ぜひ紹介してほしいと相談に来訪されるわけです。

 業務の拡大、多角化などさまざまな理由がありますが、最近、多いのは人手不足対策です。従業員を個別に募集してもなかなか集まらないので、必要とする人材が在籍する会社を買収してしまおうというわけです。そうすれば商権なども同時に手に入ります。人手不足対策では、IT業界、建築業界、輸送業界などで譲受ニーズが強い傾向があります。

 また、将来、M&Aを事業戦略に組み込んでいきたいといった大企業が、M&Aのノウハウを蓄積するために比較的規模の小さい企業を譲受する目的でセンターに来訪されるケースもあります。(次回に続く)

まとめ:M&A Online編集部

第1回:「事業引継ぎ支援センター設立の背景」を読む

第2回:「事業引継ぎ支援センターの具体的なサポートの仕組み」を読む

​事業引継ぎ支援センターについて

事業引継ぎ支援センターは、東京、大阪、名古屋をはじめ全国47都道府県に開設されております。東京においては東京商工会議所内に設置されており、事業承継とくにM&Aにまつわる相談を中心に受け付けています。

http://www.jigyo-hikitsugi.jp/ 


特集取材記事

NEXT STORY

【日本テレビホールディングス】テレビ局からの脱皮を図るM&A戦略

【日本テレビホールディングス】テレビ局からの脱皮を図るM&A戦略

過去に9年連続で視聴率四冠王に輝き、近年も14年、15年と2年連続で年間・年度平均視聴率三冠王を達成している日本テレビ。だが、テレビ視聴者数とそれに伴う広告収入が減少する流れを変えられない今、他事業への多角化が必要となっている。これまでのM&Aと業績、総資産、純資産、自己資本比率の推移を見てみる。


注目の記事

Thumb 19292e88 9d26 4acb 8847 a1a104266bdc

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

充電式の電池(二次電池)をめぐり、事業買収や設備投資の動きが活発化してきた。スマートフォンやパソコンなどの携帯機器向けに需要が急拡大しているためだ。村田製作所<6981>がソニー<6758>の電池事業を2017年9月に買収したほかTDK<6762>が2018年からの3年間で1000億円を投じて、設備を増強する。

Thumb ad4bc512 bad0 437f b6fe d32a13aeaec2
Thumb db219acd 25ec 43cb 8d56 3998b0b0f58a
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c