menu
Social media

ビジネス

【専門家に聞く】M&Aを積極活用。急がれる中小企業の事業承継(2/4)

Cover 6c2a282c 176f 4ce8 af41 5203ea228fa9

昨年、中小企業庁は、中小企業のM&A活用促進を目的とした「事業引継ぎガイドライン」を策定、「事業引継ぎハンドブック」にまとめた。また、これまで一部の地域で展開していた「事業引き継ぎ支援センター」を全都道府県に展開、M&Aを活用した中小企業の事業承継を後押しする体制を敷いた。国が事業承継に力を入れる理由はどこにあるのだろうか。また、どこまでサポートしてくれるのだろうか。東京都事業引継ぎ支援センターのプロジェクトマネージャー木内雅雄氏に伺った。

――事業引継ぎ支援センターの具体的なサポートの仕組みを教えてください。

 事業引継ぎ支援センターの特徴は、親族内に後継者がいない経営者の事業承継を支援対象としている点と、相談のみならず会社や事業の譲渡プロセスの支援まで手掛ける点です。代表的な相談は次の二つです。

 一つ目が「自分の会社を第三者に譲渡することが可能なのか」という相談です。可能性があるとなれば事業承継の選択肢にM&Aによる第三者への譲渡が加わるわけです。そして、「実際に譲渡するとしたら相手をどのように探せばいいのか」「交渉や契約の流れはどのようになるのか」「譲渡価額はどの程度になるのか」といった具体的な相談に発展していきます。

 二つ目が、すでに譲渡候補の相手がいるケースです。たとえば、知人の経営者から「後継者がいないなら、うちで買い取ってもいい」と言われたような場合です。「どんな手順で進めれば良いか」「相手が提示してきた条件は妥当なのか」といったことを教えてほしいといった相談が典型です。

「会社を第三者に譲渡したい」と意思が固まった経営者に対する譲渡プロセスの支援についても、やはり二つの方法があります。一つは、民間のM&A支援会社の紹介です。提携しているM&A支援会社は複数ありますが、いずれの会社も買い手を探すことから相手方との交渉、契約書作成の支援、資金決済の支援までのフルサポート・サービスを提供しています。

 しかし、フルサポートを受けるためには、通常1000万円以上の手数料が必要です。一定規模以上の会社でなければ支払いが困難な実情もあります。ところで、センターには機会があれば、会社(事業)買収を検討したいという会社も多数来訪します。そこで、民間のM&A支援会社に紹介するのが難しい会社に対しては、センターに相談に来た会社の中に適当な譲受候補企業があれば両社の引き合わせも行っています。

特集取材記事

NEXT STORY

「人手不足」関連倒産(7月)

「人手不足」関連倒産(7月)

企業倒産の低水準な推移が続くなかで、中小企業を中心に人手不足は解消されていない。人手が不足している企業のなかには、就業環境の悪化等から離職を招いて正社員の定着率が低くなり、さらに人手不足が深刻化するという悪循環に陥いっているケースもみられるという。7月の倒産動向を紹介する。


注目の記事

Thumb 19292e88 9d26 4acb 8847 a1a104266bdc

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

充電式の電池(二次電池)をめぐり、事業買収や設備投資の動きが活発化してきた。スマートフォンやパソコンなどの携帯機器向けに需要が急拡大しているためだ。村田製作所<6981>がソニー<6758>の電池事業を2017年9月に買収したほかTDK<6762>が2018年からの3年間で1000億円を投じて、設備を増強する。

Thumb ad4bc512 bad0 437f b6fe d32a13aeaec2
Thumb db219acd 25ec 43cb 8d56 3998b0b0f58a
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c