menu
Social media

法律・マネー

【法律とM&A】消極財産の相続と熟慮期間の伸長

Cover 2b726235 938b 4b68 9dae a7985ce5cf01

 相続財産の中に借金等のいわゆる消極財産がある場合、一般的にどのような方法で対処するのか、ご紹介いたします。

 相続財産と一口にいっても、その中身は大きく分けて、

 ・積極財産(不動産、現金、有価証券等)
 ・消極財産(借金等)

 の2種類があります。

 消極財産が積極財産よりも多い場合や、相続財産が消極財産しかない場合の対処法で、代表的なものとして「相続放棄」という手続きがあります。

 自己の為に相続の開始があったことを知った時から3か月以内の熟慮期間に、相続人が家庭裁判所へ相続の放棄を申述すると、被相続人からの相続財産全てを放棄することができます。

この相続放棄の申述先は相続が開始した地を管轄する家庭裁判所で、裁判所へ納める申述費用は申述人1人につき800円+予納郵便切手です。

 また、積極財産が消極財産より多い場合は、相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐ「限定承認」という方法もあります。

 そして3か月以内に相続放棄または限定承認をしなければ、相続財産を全て各相続人が相続する「単純承認」をしたとみなされます。

法改正・判例

NEXT STORY

【法律とM&A】数次相続における裁判例のご紹介

【法律とM&A】数次相続における裁判例のご紹介

相続について何度かご紹介しておりますが、今回は数次相続の結果、最終相続人が1人となった場合の相続登記について、東京地裁における、平成26年3月13日の判決例をご紹介いたします。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344