ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

海外企業「買収」を支援 中小向けに展開 Tryfunds

alt
「中小企業の海外M&Aを支援したい」というTryfundsの丹野社長

中小企業が日本経済をけん引する日

「BIZIT M&A」では海外企業の売り情報を集めることに専念する方針だが、これまでは海外進出に関するコンサルタントや海外企業買収後のPMI(Post Merger Integrationの略。M&A成立後の統合プロセスを指す)なども支援してきた。 

現在も社内にはM&A を仲介する部門があり、M&Aに際しては事業のデュデリジェンス(詳細調整)やPMIなどにも取り組む。 

日本企業による海外企業の買収件数は多く、2018年上期(2018年1月-6月)に日本の上場企業が実施したM&Aでは、全体(365件、適時開示ベース)の、13.4%(49件)を海外企業の買収が占めた。

 日本の中小企業が海外企業を買収し業容を拡大することで、日本経済を引っ張っていく。そんな日が訪れるのはそう遠くないかも知れない。

Tryfundsの他の記事はこちら

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

モンゴル企業のM&Aを支援 Tryfundsが現地銀行と提携

モンゴル企業のM&Aを支援 Tryfundsが現地銀行と提携

2018/08/02

Tryfunds(東京都港区)がモンゴル貿易開発銀行と提携し、日本の中小企業によるモンゴル企業の買収や出資などの支援に乗り出した。