ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

電気三輪自動車を開発した元レーサーのベンチャー・スピリット 日本エレクトライク(中)

alt
日本で16番目の自動車メーカーとなった日本エレクトライクを設立した松波さん

日本で16番目の自動車メーカー


日本ヴューテックの売上げは右肩上がり、親会社の東科精機を上回るまでになった。松波さんが3つめに設立した日本エレクトライクは、エレクト(電気)とライク(三輪車)を合わせた社名が示すように、商品はEVのオート三輪車である。

エレクトライクは家庭用100ボルト電源で充電可能で、1回の充電で約60キロメートル走行する。同じ大きさの電気自動車に比べて重さは半分以下。不安定で転倒しやすいという三輪車の弱点は、後輪に左右別々のモーターを取り付けて電子制御することで克服した。国交省の自動車型式認定も取得。日本で16番目の自動車メーカーとなった。

オートバイと同様に小回りが利いて、4輪車と同じ積載量。排気ガスを出さないEV車だから、環境にも優しい。乗り降りがスピーディで、効率よく荷物を運べて配送の効率化になる。宅配事業や酒屋の配達など業務用に威力を発揮しそうだ。

昨年5月、息子の松波太郎さん(33)が同社の社長に就任。松波さん(69)は会長に就いた。「僕はもう歳だし、頭の回転も鈍くなってきたので、これからは若い人に任せようと思っています」と冗談気味に、今回の事業承継の狙いを述べる。

東科精機と日本ヴューテックはこれまで通り松波さんが社長を務める。(次回は5月9日掲載)

文:大宮 知信

大宮 知信 (おおみや・とものぶ)

1948年 茨城県生まれ。ジャーナリスト。政治、教育、社会問題など幅広い分野で取材、執筆活動をつづける。主著に『ひとりビジネス』『スキャンダル戦後美術史』(以上、平凡社新書)、『さよなら、東大』(文藝春秋)、『デカセーギ─漂流する日系ブラジル人』『お騒がせ贋作事件簿』(以上、草思社)、『「金の卵」転職流浪記』(ポプラ社)などがある。 


NEXT STORY

電気三輪自動車を開発した元レーサーのベンチャー・スピリット 日本エレクトライク(上)

電気三輪自動車を開発した元レーサーのベンチャー・スピリット 日本エレクトライク(上)

2018/05/07

還暦になったのを機に、電気自動車の開発を始めた人がいる。神奈川・川崎のベンチャー起業家・松波登さん(69)だ。 EV車の開発を進めるベンチャー企業「日本エレクトライク」を10年前に設立した。