ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

家業の革小物屋を継いだ元OLの使命感(上)

alt
顧客の喜ぶのを見て、東屋の6代目社長就任を決めた木戸麻貴さん

 東京駅の開業と同じ、1914 年(大正3 年)の創業なのが東京・両国の革小物製造会社 東屋。その6 代目、木戸麻貴さん(44)は近代的なビジネスの世界から伝統産業へと転身した元OL。「ミスすみだ」に選ばれたこともある江戸っ子美人だ。

コンサルタント会社から伝統産業へ

 都内の女子大を卒業後、スポーツクラブの受付、航空会社の空港業務、外資系コンサルタント会社などさまざまな仕事を経験。「サービス業が好きだったので、楽しいOL生活を過ごした」。会社に勤めながら家の仕事を手伝っていたが、2年前、事業を継いだ。

 家業を継ぐつもりはなく、両親も継げとは言わなかったが「父が、職人さんがいる限り商売を続けたいと言うのを聞いて、家業を継ぐことが私の使命かなと思った」。

 新しい顧客の開拓、販路拡大など「少しでも会社の支援になるようなことを考え出した」のが事業承継のきっかけだった。取引先のブランドで製品を作るOEM(相手先商標製品)が基本で、小売りはしていなかった。

 OL時代、思いがけず勤めていた会社から「革のA4サイズの書類フォルダーを作ってほしい」という注文が入った。社員や取引先に贈るためのノベルティグッズ(贈呈用の品物)である。

「出来上がったものをお届けした時に、みなさんすごくうれしそうな顔をして。その喜んでくださるのを見て、革の小物を作る仕事というのは、すごくいい仕事なんだなと改めて感じた」。すぐに会社を退職し、東屋の6代目社長に就任した。

「2足のワラジ」は、新たなビジネスを生んだ。セキュリティカード、名刺入れ、ブックカバーなどノベルティグッズの提案は、それまでの東屋にはなかった商法だ。(次回は3月20日掲載)

文:大宮知信

大宮 知信 (おおみや・とものぶ)

1948年 茨城県生まれ。ジャーナリスト。政治、教育、社会問題など幅広い分野で取材、執筆活動をつづける。主著に『ひとりビジネス』『スキャンダル戦後美術史』(以上、平凡社新書)、『さよなら、東大』(文藝春秋)、『デカセーギ─漂流する日系ブラジル人』『お騒がせ贋作事件簿』(以上、草思社)、『「金の卵」転職流浪記』(ポプラ社)などがある。 


NEXT STORY

若者の街・原宿で 家業の「お米屋さん」を継いだ 人事制度コンサルタント(上)

若者の街・原宿で 家業の「お米屋さん」を継いだ 人事制度コンサルタント(上)

2018/03/05

東京・原宿で唯一の米屋として営業を続ける小池精米店の店主小池理雄さんは元人事制度のコンサルタント。カフェやアパレルの店が建ち並ぶキャットストリートの一角で「原宿で米屋をやることは僕にとって快感。天の邪鬼みたい」と笑う。