menu
Social media

ビジネス

【M&A相談所】赤字企業でも譲渡できるか? ~その時どうする?

Cover b8e64392 23c0 4e5c 8dfc 1ea6c1a9d9d5
※画像はイメージです

実際にあったM&Aの現場から参考になりそうな事例を紹介するシリーズ。今回は、「赤字でも売れるのか?」というご質問のケースを取り上げてみます。

Q:赤字企業でも譲渡できるか?
できれば社員をクビにせず引き継いでもらいたい。

大阪で運送業を営んでいます。特殊な商品を扱うメーカーから委託され、運搬車両もそれに対応した特殊なものを揃えてきました。しかし一昨年、依頼主のメーカーが売掛金を残したまま倒産してしまいました。当社の売上はそのメーカーに依存してしており、別の販路へ対応しようにも難しく、当社も赤字になってしまいました。

顧問税理士からは、社員や車両などの資産はあるのだから、身請けしてくれる別会社へ会社を譲渡してはどうかというアドバイスをもらいましたが、赤字会社に興味を示す会社はあるでしょうか?

譲渡するなら、従業員はできれば全員引き受けてもらいたいと願っております。
( 大阪府 運送業 D・Aさん)

A:赤字でもM&Aの可能性はあります。
セールスポイントとなる自社の強みは何か確認しましょう。

結論から申し上げると、業績不振であっても譲渡できない、お相手が全く見つからない、ということはありません。買い手企業の視点からすると、やはり業績の良い企業を望まれる方が多いのが実情ですが、赤字企業が譲渡される例もあります。

具体的にどんな理由や背景があったのか? 実際に赤字で売却された中小企業の事例を2つご紹介します。

中小企業

NEXT STORY

M&A成功十訓

M&A成功十訓

M&Aを実行するか迷ったときに参考にして欲しい「M&A成功十訓」をご紹介します。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333