赤字企業でも譲渡できますか?

alt
※画像はイメージです

Case1
決算書を精査すると、実質営業利益は赤字ではなく黒字だった

まず決算書上の赤字ですが、M&Aにおいては譲渡企業が提出した決算書をそのまま判断材料にすることはありません。例えばオーナーが役員報酬をたくさん取っている場合、M&A後はその分が不要になるため販管費はマイナスします。また、オーナー個人の固定資産(例えばマイカー等)が会社保有となっている場合、その分の減価償却費は不要となります。売却に向けて是正した結果、「実質営業利益がいくらなのか」がM&Aの判断材料になります。

中小企業は節税のために利益を圧縮されていることが多く、「決算書上は赤字だが実質的には黒字だった」ということも少なくありません。その場合は十分にM&Aをご検討いただけると思います。

Case2
買い手企業が欲している人材、資産、技術があった

赤字企業を買収する企業にはどんなニーズがあるのでしょうか。人員整理を含めた事業再生計画を前提に買収を行う企業もありますが、そればかりではありません。買い手企業にとって重要なのは、描いている経営方針や事業計画を実現するために必要な要素がM&Aで満たされるのかどうかに尽きます。

例えば人材不足で業績が頭打ちになっている会社であれば、売り手企業に人材が揃っていることが何よりもの魅力になります。小売店をどんどん買収して成長している会社なら、特定の地方で多店舗展開している企業は喉から手が出るほど欲しいものです。大手資本の傘下に入ることで、販路拡大やコストダウンメリットも得られます。

ご相談者様が営まれている運送業は人材不足が叫ばれている業態です。特殊な商品を扱っていらっしゃるとのことですから、御社の規模感や人員数、運搬車両に興味を示される買い手企業がいらっしゃるのではないかと思います。

まとめ

セールスポイントは、買い手企業が欲するような資産や人材、権利などがあるかの2つです。ご自身で判断するのは難しい部分もあろうかと思いますので、買収ニーズを多く蓄積しているM&A仲介会社にまずは相談してみてはいかがでしょうか。いろいろな可能性を検討できるかと存じます。

M&A情報誌「SMART」より、2016年1月号の記事を基に再構成
編集:M&A Online編集部

この記事で解決出来ましたか?
M&A Onlineは、M&Aに関する疑問や悩みに無料でお答えします。
相談員がお答えできない場合もございます。予めご了承ください。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

企業評価の算定結果と実際の売買価額はなぜ違うのですか

企業評価の算定結果と実際の売買価額はなぜ違うのですか

2016/10/06

証券取引所において日々取引される時価にもとづいて会社の価値が把握できる上場会社と異なり、非上場の中小企業の場合、「企業価値はどうやって算定するのだろう」と疑問に思われる経営者も多いのではないでしょうか。今回は中小企業の企業評価について取り上げてみたいと思います。