ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【税理士・会計事務所向け】顧問先からのM&A相談にどう対応するか?

alt

Q:顧問先企業からM&Aに関する相談を受けました。
どう対応したらよいでしょうか?

会計事務所を経営しています。 先代の父が立ち上げた事務所を私が引き継ぎ、今年で創業50年の節目を迎えました。 当事務所は税務業務に特化し、少ない人数ですが質の高い業務を自負しており、 先代からの長いお付き合いの顧問先企業も多くいらっしゃいます。

一方で、顧問先のオーナー経営者の高齢化が進んでいます。 この頃は、「後継者がいないのだが、どうしたらいいだろう?」 というご相談をいただくようになりました。
これまで税務業務以外について対応してこなかったものの、 最近はM&Aによる事業承継の相談を受ける会計事務所も増えてきていると聞きます。

後継者不在に悩まれる顧問先企業に、会計事務所として、 どのように対応すればよいのでしょうか?(東京都 会計事務所 S.B 先生)

NEXT STORY

【リンクアンドモチベーション】企業変革の請負人 M&Aで自社も変革

【リンクアンドモチベーション】企業変革の請負人 M&Aで自社も変革

2016/11/29

リンクアンドモチベーションは人のやる気を高めるモチベーション技術に着目したコンサルティングが主力です。最近ではPCスクールや学習塾などの消費者向け事業にも進出しました。設立から16年でM&Aは18回も実施。自社の事業構造を急速に変革しています。