menu
Social media

ビジネス

【税理士・会計事務所向け】顧問先からのM&A相談にどう対応するか?

Cover 4b380d73 0b2b 4325 a1d6 8d572b30088b

Q:顧問先企業からM&Aに関する相談を受けました。
どう対応したらよいでしょうか?

会計事務所を経営しています。 先代の父が立ち上げた事務所を私が引き継ぎ、今年で創業50年の節目を迎えました。 当事務所は税務業務に特化し、少ない人数ですが質の高い業務を自負しており、 先代からの長いお付き合いの顧問先企業も多くいらっしゃいます。

一方で、顧問先のオーナー経営者の高齢化が進んでいます。 この頃は、「後継者がいないのだが、どうしたらいいだろう?」 というご相談をいただくようになりました。
これまで税務業務以外について対応してこなかったものの、 最近はM&Aによる事業承継の相談を受ける会計事務所も増えてきていると聞きます。

後継者不在に悩まれる顧問先企業に、会計事務所として、 どのように対応すればよいのでしょうか?(東京都 会計事務所 S.B 先生)

中小企業

NEXT STORY

【中小企業のM&A】 売れる会社の条件

【中小企業のM&A】 売れる会社の条件

多くの経営者は会社を手放すことに対して期待を抱くと同時に多くの不安を抱えていることでしょう。中小企業の売れる会社の条件についてまとめてみました。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333