ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「義」は古くさい考えか?|M&Aに効く論語6

alt
LightFieldStudios/iSrock

義ってなんか面倒なもの?

 利とは、前回から考えていますが利益のことであり、主に自分にとっての利益です。論語は他利ばかりを求めているのではありません。正しい利益はどんどん得ていいのです。むしろ利益を得なければならないのです。

 ただし、「利を見ては義を思い」です。

「これは、自分にとって利益になる。だから自分にとっていいことなので、ぜひやりたい」と思ったときに、同時に「義」を思ってほしいと孔子は言うのです。

子路、成人を問う。子の曰わく、(中略)利を見ては義を思い、危うきを見ては命を授く、久要(きゅうよう)、平生の言を忘れざる、亦た以て成人と為すべし。(巻第七、憲問第十四)

 孔子の門弟の一人、子路が「成人とはどういう人か?」と孔子に質問をしたとき、成人(本当の意味でのオトナ)とは、「利益を前にしたときこそ『義』を考える人であり、危険を前にしたときこそ、自分の一命をささげてでも対応でき、誰もが忘れてしまったような古い約束についても忘れず、日常のちょっとした発言も忘れないでいられる人」孔子は答えたのです。 

「正義」という言葉にある違和感

 では、「義」とはなんでしょう。上記の孔子の言葉を訳するときは、よく「正義」と表現されます。ですが、正義と言ってしまうと、私には多少の違和感があるのです。

「なんだか、面倒臭いものじゃないですか? 古くさい観念じゃないですか?」

 そう感じてしまうのもムリはありません。あまりにも儒教は古い家制度(家長制度)や封建制度とガッチリと組み合ってしまっているので、学ぼうとするときに、「やっぱりいまの時代にはまったく関係ないのでは?」という気がしてしまうのです。

 ですが、「義」を避けて論語を語ることはできません。

NEXT STORY

利益にこだわれ!|M&Aに効く論語5

利益にこだわれ!|M&Aに効く論語5

2019/08/03

誰でもいいアイデアと実行力があれば資金を得て起業できる時代。孔子からすれば、群雄割拠どころではなく民のすべてが君子になってくれなければ困る時代です。すなわち「君子」は「誰かエライ人」ではなく、まさに自分たちのこと。その君子がめざす利益とは?