menu
Social media

ビジネス

Dropbox 社員が伝授するエクセル活用術(下)ミスを減らすコツ

Cover 2175a425 7752 498e 89f3 a07c18ef4d0f
著書を手にする植山氏

 Dropbox でマーケティングを担当する植山周志氏が表計算ソフト「Excel(エクセル)」のビジネスへの活用術を伝授する。後編では、作業を効率的に行い、ミスを回避するためのノウハウについて解説する。(前回の記事はこちら

文字を色分け

ーーエクセルで作業するときに気をつける点はありますか。

 シートをつくる際、入力ミス等の間違いを減らすため、文字を色分けすると便利です。

<文字の色分けの例>

 このように色分けしておくと、後で作業・見直しするときにどこに数字を入力すればよいか一目瞭然です。計算して数字を出している箇所に間違って数字を直接入力してしまい、元の計算式を消してしまうーーというミスを回避することができます。ほかの人に引き継ぐときにも親切でしょう。

セル内計算式に直接数値入力しない

ーーなるほど確かに色分けしたら、ミスが減るし、見た目も黒ばかりよりは見やすくなりそうですね。

 もう1つ、ミスを減らすコツとして、セル内の計算式に直接数値を入力しないことがあります。例えば、残高100円を年利3%で運用するといくらになるかを計算する際、1つのセル内に×(1+0.03)の数式を入れるのは避けましょう。入力ミスをしていても気づきにくくなりますし、もし利率を変更したい場合にどのセルの数字を変えたらよいか判別が難しくなります。

 これを回避するには利率を入力する別のセルを設けて、そのセルを参照する形で計算させるのがよいです。入力ミスを減らせるだけでなく、利率を変更するときも、どのセルの数字を変えればよいか一目瞭然です。

<悪い例>

<良い例>

特集取材記事

NEXT STORY

Dropbox 社員が伝授するエクセル活用術(上)事業を分析する

Dropbox 社員が伝授するエクセル活用術(上)事業を分析する

表計算ソフト「Excel(エクセル)」をビジネスにどう活用すればよいか。Dropbox で働くエクセルの達人にインタビューした。前編ではマーケティングやファイナンスに役立つ数式やシートのつくり方、便利な関数について紹介する。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c