直前期は、毎日、全ての科目を回せーーー1科目を1日2時間ずつ

公認会計士になるための「勉強法」というのは、人それぞれである。本コラムでは、31歳で働きながら公認会計士を目指した筆者の独断と偏見による試験合格に役立つ勉強法を書いていきたい。

勉強時間の時間管理をどうするか

前回の記事では、短答式試験と論文式試験それぞれの特徴、及び、時間管理(タイムマネジメント)が重要であるということについて解説した。時間管理が重要であるということは、試験本番だけでなく、普段の勉強においても、勉強時間の時間管理が重要であるということである。

総合力が問われる会計士試験では、苦手科目を作らないことが最短の方法である。では、どのような勉強時間の時間管理が有効だろうか。会計士試験は科目の数が多く、その分野が多岐にわたることは、前回までの記事で解説した。そのような特徴があるため、勉強時間も偏りなく配分することが有効になる。

毎日、全ての科目をまわす

勉強時間の配分としては、「毎日少しずつ、全ての科目を勉強するのがよい」と言われている。誰でも自分の得意な科目をたくさん勉強してしまうだろう。筆者にもそういう傾向があった。

筆者の受験生時代のノート
筆者の受験生時代のノート

しかし、会計士試験は、得意な科目の点数を伸ばすことが最良の戦略とはならない試験である。苦手科目を無くすことが合格への最短の道とされているため、苦手な科目に多くの時間を割き、それが苦手科目にならないようにするのが最良の戦略となる。

直前期の勉強方法とは

直前期は、知識の定着としてのアウトプットが中心となるが、やはり、毎日、全ての科目をまわす方法がよいと言われている。筆者も直前期は、この方法で勉強することができた。

論文式試験は、実質6科目の試験である。筆者は直前期、1日1科目当たり、約2時間の時間を割いていた。2時間×6科目=12時間、を目安に毎日時間配分をしていた。当時は自習室で勉強していたが、毎日朝10時に自習室に行き、夜中12時頃までいたので、休憩時間を取っても、12時間くらいは勉強していたと思う。

では、短答式試験に特化した勉強はいつ始めるのが良いだろうか。