公認会計士になるための「勉強法」というのは、人それぞれである。本コラムでは、31歳で働きながら公認会計士を目指した筆者の独断と偏見による試験合格に役立つ勉強法を書いていきたい。

管理会計論は、原価計算と管理会計に分かれる

今回は、「財務会計論(つまり、簿記)」の次に、多くの時間を費やさなければならない科目ー「管理会計論」について解説したい。

「管理会計論」は、「原価計算」と「管理会計」の分野に分かれ、それぞれに計算問題と理論問題が存在する。

財務会計を「会社の外の人たちに会社の業績を分かりやすく示すための会計」とすると、管理会計は、「会社内部の管理のために経営者が行う会計」と言えるだろう。「原価計算」は製造を行っている会社などで、コストがいくらかかっているのかを計算する会計である。また「管理会計」とは、もっと広く、会社の意思決定に関連する分野で「経営学」とのつながりが深い。

管理会計の分野は、当然、財務会計とつながっている一方、会計士試験の範囲で言うと、選択科目の「経営学」(「経済学」と「統計学」も少し)ともつながっている分野である。大きく言えば同じ分野の学問を、試験の範囲を明確にするために、会計士試験では「管理会計」と「経営学」(「経済学」「統計学」にも)に分けている、ということもできる。

原価計算の計算問題攻略がカギ

財務会計と同様、管理会計の分野でも、基本となるのは、計算問題と呼ばれる「数字を求める」タイプの問題であり、短答式試験においても、論文式試験においても、計算問題は出題される。従って、計算問題が回答できなければ、公認会計士試験で勝負はできないと言えるだろう。

筆者の受験生時代のノートより。科目別に戦略を立てていた

管理会計論においては、原価計算の計算問題が、最もボリュームがある分野であり、繰り返し問題を解くことが求められると言える。また、原価計算は、日商簿記1級などの「原価計算」と同様の分野であり、日商簿記から会計士試験に進んでいく人も多い。