「M&Aが学べる大学」に続き、M&Aが学べる「M&Aが学べる大学院」をお届けします。

1.「M&Aアドバイザーが教える」京大大学院 松本 茂特命教授

これまで、M&Aアドバイザーとして、20カ国、50を超える海外企業の買収に携わってきた松本茂特命教授。この3月までは同志社大学大学院ビジネス研究科に所属していましたが、今年度(2018年4月)から京都大学経営管理大学院で教鞭を執る予定です。

松本特命教授はM&Aに関して、「経営判断を下す最後のタイミングで問われるのは、企業の大きさではなく、個々の経営者・マネジャーが持ち合わせている素養と経験の多寡だ」と言います。

同志社大学大学院では「M&A戦略」、京都大学経営管理大学院では 海外M&Aに欠かせない「Business Analysis and valuation」を担当。財務分析、企業買収、コーポレート・ファイナンス、プロジェクト・ファインナンスを専門分野とし、2017年4月から、日本学術振興会より科学研究費助成を得て「海外M&Aの成否に関する定量的、定性的研究」を行っています。

「ビジネススクールは、将来、経営者として活躍することを思い描き、自ら素養を高め、ケーススタディを通じて机上で経験を積む場。私の講義では、会社の現場から離れた皆さんが『個』として自ら研鑽できるよう工夫しています」とのこと。

「私も企業経営をアカデミックなアプローチで掘り下げる面白さに出会い、仕事の傍ら企業買収の成否を研究し、博士を修めました。刻々と進化するグローバルビジネスを探究する楽しさに気づいてもらうことも自分の役割」と語っています。

松本 茂 特命教授(京都大学 経営管理大学院)

神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了(経営学博士)。 サンダーバード国際経営大学院MBA(米国政府フルブライトプログラム)。大阪府企業局に勤務後、プラスウォーターハウスクーパース、デレクター、HSBC(The Hong Kong Shanghai Banking Corporation)投資銀行本部長、SCS Global取締役などを経て現職。これまでM&Aアドバイザリー業務に15年携わる。2015年、著書『海外企業買収 失敗の本質 戦略的アプローチ』(東洋経済新報社)で第9回M&Aフォーラム正賞を受賞。

2.「人気の実務家から学ぶ」一橋大大学院 佐山 展生教授

M&A、企業価値評価、経営、IPO、倒産を研究分野とする佐山展生教授。帝人ではポリエステルの重合関連業務に従事した後、三井銀行(現三井住友銀行)でM&A関連業務に従事し、米州部投資銀行グループM&A総括、企業情報部部長を歴任。

その後、ユニゾン・キャピタル共同設立代表取締役パートナー、M&AアドバイザリーファームであるGCA共同設立代表取締役をはじめ、インテグラル共同設立代表取締役(現任)、また、インテグラルの投資先のひとつのスカイマーク代表取締役会長(現任)を歴任しています。

M&Aに関して数多くの学会発表を行い、セミナー・講演で人気の、まさにM&Aのプロであり、実務家。大学院では、東京工業大、東洋大などでも教えていたそうです。

「初心者からプロを対象に、M&Aの進め方、企業評価の手法を考察、模擬価格交渉等も通じて、M&Aとは何か、どうあるべきかを探求する。また、ゲスト経営者もお招きし、理想の会社、理想の経営者像につき考察したい」としています。

佐山教授の授業を含め様々な角度からM&A、ファイナンス、データサイエンスを学べる一橋大学大学院「金融戦略・経営財務コース」は平日夜間を中心に授業が行われるため、働きながら専門性を深めることができるビジネススクールとして千代田区一ツ橋にキャンパスを構え、16年間卒業生を輩出し続けています。

今年度(2018年4月)から名称が経営管理研究科「金融戦略・経営財務プログラム」 に変更になりますが、今まで通り講義は行われます

佐山 展生教授(一橋大学大学院 経営管理研究科)

京都大学工学部高分子化学科卒業。ニューヨーク大学大学院ビジネススクール(STERN)卒業(MBA修得、ファイナンス専攻)。東京工業大学大学院社会理工学研究科博士後期課程卒業 学術博士(経営工学専攻)。三井銀行(現三井住友銀行)のM&A関連業務、米州部投資銀行グループM&A総括などを経て、ユニゾン・キャピタル共同設立代表取締役パートナー、GCA共同設立代表取締役を歴任。現在、インテグラル代表取締役、スカイマーク代表取締役会長、一橋大学国際企業戦略研究科教授(現任)、京都大学経営管理大学院客員教授(現任)。
http://www.fs.hub.hit-u.ac.jp/staff-research/faculty/sayama/