公認会計士になるための「勉強法」というのは、人それぞれである。本コラムでは、31歳で働きながら公認会計士を目指した筆者の独断と偏見による試験合格に役立つ勉強法を書いていきたい。

精神論は重要なのか?

前回までの記事では、公認会計士試験の全体的な戦略の話や、試験科目ごとの勉強法などについて書いてきた。今までの記事は、いわゆる技術的な面にスポットを当ててきた。本稿以降の記事では、精神的な部分であるメンタル面にスポットを当てて書いていきたい。

みなさんは、精神論の重要性をどう考えているだろうか。「精神論」というと、なんだか昭和的な古い時代のように感じられる。しかし「心の持ちよう」はいつの時代も重要である。心の動きをとらえ「受験勉強における現状の自分とどう向き合うか」ということは、大きな意味での「合格するための勉強法」と言えなくもないのではないだろうか。

「お受験」の世界は残酷なのか?

公認会計士試験だけでなく、全ての試験に言えることであるが、受験の世界というのは、たった1点で合否が分かれる世界である。それをもって「残酷である」という見方をすることもできるが、生まれや国籍や年齢や性別、外見や性格で判断されることが多い世の中において「点数のみ」で判断される世界は、ある意味ピュアで純粋な世界であるとも言えよう。

受験の世界は単純明快である。世の中には二種類の人間しかいない、という考えで成り立っている。つまり「合格した人間」と「これから合格する人間」の二種類である。諦めなければ、死ぬまでに合格のチャンスはある。筆者は受験勉強を始めた当初からずっと「いつかは合格する」と思っていた。楽観的な考えにも思えるが、その「いつか」がいつになるのかは分からなかったが…。

ここからは完全に筆者の個人的な考えになるが、合格した後に思ったことがある。それは合格するまでの「心の動き」には5つのフェーズがあるということだ。