SBIによるTOB対応で新生銀、現時点で決定事実はないと発表

alt
写真は2010年10月、都内で撮影(2021年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 15日 ロイター] - 新生銀行は15日、SBIホールディングスによる株式公開買い付け(TOB)に関連して、「様々な検討を行っている」としたものの、現時点において決定している事実はない、とするコメントを発表した。

今後の対応について決定した場合や開示すべき事項が生じた場合には、速やかに公表する、としている。

日本経済新聞は14日、新生銀が買収防衛策の導入を検討している、としたほか、友好的な買収者(ホワイトナイト)を模索しており、セブン&アイ・ホールディングスやソニーグループ、企業再生ファンドなどが候補に浮上していると報じた。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

【6月M&Aサマリー】過去10年で最多の55件も、コロナで「国内回帰・小型化」鮮明

【6月M&Aサマリー】過去10年で最多の55件も、コロナで「国内回帰・小型化」鮮明

2020/07/02

6月のM&Aは前年同月比8件増の55件だった。6月として過去10年間で最多。ただ、海外案件は9件と2018年6月以来2年ぶりに1ケタにとどまり、国内回帰の構図が鮮明に。案件の小型化も顕著で、新型コロナ感染による慎重姿勢の広がりがうかがえる。