マネックス傘下のコインチェック、米ナスダックにSPAC上場へ

alt
2018年/REUTERS

マネックス傘下のコインチェック、米ナスダック上場へ 年内めど

[東京 22日 ロイター] - マネックスグループは22日、暗号資産(仮想通貨)交換業者のコインチェックを米ナスダックに上場させると発表した。新設する中間持ち株会社の傘下に、コインチェックとナスダック上場の特別買収目的会社(SPAC)を入れ、2022年中をめどに中間持ち株会社がナスダックに上場する。中間持ち株会社はマネックスの連結子会社にとどまる。

コインチェックと統合するのは既に上場しているSPACのサンダー・ブリッジ・キャピタル・パートナーズ。規模は12億5000万ドルで、新会社名は「コインチェック・グループNV」となる。上場後のティッカーシンボルは「CNCK」。手続きは今年後半に完了する予定だ。

統合後、マネックス証券はワラントなどを除くプロフォーマベースの保有比率が約82%となる。今回の取引に基づき、コインチェックの既存投資家は、将来の株価実績に基づき、最大5000万株を受け取ることが可能となる。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

「コインチェック」ファンタジーフットボールゲーム「Sorare」で使用するNFT を13種類の暗号資産と交換へ

「コインチェック」ファンタジーフットボールゲーム「Sorare」で使用するNFT を13種類の暗号資産と交換へ

2021/07/06

暗号資産(仮想通貨)交換業のコインチェックは、実名のサッカー選手を用いるカードゲーム・ファンタジーフットボールゲーム「Sorare」を運営するフランスのSorare社と連携する。

関連のM&A速報