米半導体大手のエヌビディア、アーム買収計画を取り下げへ

alt
2015年2月撮影(2022年 ロイター/Robert Galbraith)

エヌビディア、アーム買収断念の方向と報道、独禁問題がハードル 

[25日 ロイター] - 米半導体大手エヌビディアは英半導体設計会社アーム買収計画を取り下げる準備を進めている。ブルームバーグ・ニュースが25日、関係筋の話として報じた。 

エヌビディアは2020年にソフトバンクグループに対し、アームを約400億ドルで買収する提案を行ったが、欧州や米国で独禁規制上の問題に直面している。 

報道によると、エヌビディアはパートナーに、買収の完了が見込めないと述べた。

アームを保有するソフトバンクグループは、アームの新規株式公開(IPO)を検討しているという。 エヌビディアの広報担当者は「この取引はアームを加速させ競争力とイノベーションを強化する機会を提供する」と述べた。

アームとソフトバンクはロイターによるコメントの要請に応じていない。 

米連邦取引委員会(FTC)は先月、買収計画の差し止めを求める訴訟を起こした。英当局は詳細な調査を行う方針を示している。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

米エヌビディアのアーム買収は競争を阻害=英規制当局

米エヌビディアのアーム買収は競争を阻害=英規制当局

2021/08/24

英競争・市場庁(CMA)は20日、米半導体大手エヌビディアによる英半導体設計企業アーム買収について、競争を阻害し競合企業の弱体化につながる可能性があるとの見解を示した。