アップルが「業務用」モバイル決済モビーウェイブを買収した理由

alt

米アップルがカナダのスタートアップ企業Mobeewave(モビーウェイブ)を、約1億ドル(約105億円)で買収した。同社はスマートフォン(スマホ)によるカード決済サービスを手がけるFinTech(フィンテック)企業の一つ。

iPhone一つでクレジットカード決済が可能に

スマホ決済サービスといえばPayPayをはじめとするバーコード決済などの個人向け(BtoC)サービスが話題になっているが、同社が手がけるのは企業向けのBtoBサービス。スマホアプリを使うのは店舗側で、顧客は既存のクレジットカードを提示するだけ。

クレジットカードに内蔵されたICカードを、スマホの近距離無線通信(NFC)リーダーで読み取ることで支払い(決済)を完了する。今ではほとんど見かけないが、磁気記録のみのクレジットカードでは使えない。

ICカードで読み取るため安全性が高く、顧客はバーコード決済のように自分のスマホでアプリを開いて画面を呼び出す必要もない。それどころかスマホすら不要で、財布からクレジットカードを抜き出すだけだ。スマホを使いこなせない高齢者でも、簡単に決済ができる。

NEXT STORY

スマホ世界一のファーウェイ、「中華ガラパゴス」の懸念が急浮上

スマホ世界一のファーウェイ、「中華ガラパゴス」の懸念が急浮上

2020/08/04

中国ファーウェイ(華為技術)の2020年第2四半期(4-6月)のスマートフォン販売台数が世界一になった。半面「弱点」も浮き彫りになっている。それは自国(中国)市場依存度の高さだ。かつて日本のガラケーが歩んだ道を、同社も歩もうとしているのか?