米クアルコム、スウェーデンの自動車部品会社を買収

alt
2017年2月撮影(2021年 ロイター/Eric Gaillard)

クアルコム、ヴィオニア買収で合意 マグナとの買収合戦に勝利

[ストックホルム 4日 ロイター] - 米半導体大手クアルコムとニューヨークに拠点を置く投資会社SSWパートナーズが、スウェーデンの自動車部品会社ヴィオニアの買収で合意した。買収総額は45億ドル。

ヴィオニアの発表によると、SSWパートナーズが1株あたり37ドルの現金でヴィオニアの全株式を買収した上で、自動運転システムのソフトウエア開発を行うアーリバー(Arriver)部門をクアルコムに売却する。

ヴィオニアを巡っては、カナダの自動車部品大手、マグナ・インターナショナルも買収提案を行っていたが、クアルコムが買収合戦に勝利する形となった。

クアルコムは8月、マグナが7月に提示した約38億ドルの入札額を18.4%上回る買収案を提示。ヴィオニアの取締役会は既にマグナの提案を承認していたが、ヴィオニアはマグナとの合意を解消し、マグナに1億1000万ドルの違約金を支払う。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

【M&Aを成功に導く法務・知財の勘どころ5】シャープVSテスラの係争などから見るM&Aへの影響と対策

【M&Aを成功に導く法務・知財の勘どころ5】シャープVSテスラの係争などから見るM&Aへの影響と対策

2020/11/10

本シリーズでは、M&Aの主幹部門が、ディールの効率・確度を上げるために、法務・知財部門とどのように協力すればよいのかをわかりやすく解説していく。今回は、シャープVSテスラの係争などから見るM&Aへの影響と対策について考えたい。