今回のコラムでは、「再成長(起死回生)型のM&A」について考察してみたいと思います。

広義の意味では、本来水平統合の一種に分類すべきタイプのM&Aとも言えます。なぜなら基本的には同業他社を買収することが想定されるからです。しかし本コラムでは、既に既存市場で優位性のある事業の水平統合とはあえて分けて、このタイプを再成長(起死回生)型のM&Aとして分類してみたいと思います。

再成長(起死回生)型M&Aの特徴

例えば国内市場で長年業界トップ3に甘んじ、今後の国内市場でのシェア奪還が困難とみられる事業において、新興国など、成長期にある市場に他社に先駆けて参入し、そこでのシェア拡大を狙う戦略と言えます。特定エリア(国、地域)において、マーケットチャレンジャー、またはマーケットニッチャーである企業が取ると考えられる戦略です。

図1:ポートフォリオ変革手段としてのM&A類型

業界3位以下に位置する、チャレンジャーやニッチャー(3位以下)にとっては、戦略の是非が事業に与える影響は、1位、2位の企業以上に非常にクリティカルだと考えられます。1位、2位が取るべき戦略的オプションはそれほど多くないのに対し、「業界3位またはそれ以下」というポジションは戦略のオプションが多いためです。

逆に言えば、戦略次第で大化けする可能性があるポジションでもあり、ある意味非常に面白いポジションでもあります。戦略という意味ではインド市場で成功しているスズキの例が近いかも知れません。(スズキはインド進出を時間をかけて自前でじっくり行っており、M&Aで参入したわけではありませんが・・)

このポジションにある企業・事業は、それでも市場・サービスを進化、変化させて、成長を目指すか、教科書的な理論通り、早期の撤退、または最悪の場合は清算を決断するかどうか、という難しい判断を常に迫られることになります。