トップ > 調べる・学ぶ > M&A入門 > M&Aの手法解説 >市場獲得型水平統合戦略としてのM&A

市場獲得型水平統合戦略としてのM&A

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

今回のコラムでは、大型クロスボーダーM&Aに多い、「市場獲得型水平統合型のM&A」について、その特徴と買収上の留意点について整理してみたいと思います。 

水平統合型の買収とは、すなわち同業他社の買収を意味します。もちろん同業といっても、全く同じ事業を営んでいる会社は厳密にはこの世にはなく、またコア事業の売上、利益比率も当然異なります。しかし、ここでは、その会社のコア事業が類似する企業をイメージして、同業他社として議論を進めます。

下記図1-①を指します...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY