ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【公認会計士監修】事業譲渡(じぎょうじょうと)|手法解説

alt

【公認会計士監修】M&A手法解説「事業譲渡(じぎょうじょうと)」

会社の特定事業(特定部門)を売りたい・買いたいときに行う「事業譲渡

会社をまるごと売買する「株式譲渡」に対し、会社の中身のみ、あるいは特定の事業部門のみを売買するのが「事業譲渡」です。複数の事業を手がけている企業が、一事業(部門)のみ切り離したい場合に、よく行われる手法です。旧商法では「営業譲渡」と呼ばれていました。

【図解】事業譲渡の流れ

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

高級チョコ・ゴディバは「甘い」か「しょっぱい」か 

高級チョコ・ゴディバは「甘い」か「しょっぱい」か 

2018-11-30

ベルギーの高級チョコレート・ゴディバの日本事業の売却話が浮上してきた。どこが買収するのか。買収後、事業を成長させることができるのか。1000億円は高い買い物となるのか。探ってみると…。