会社の特定事業(特定部門)を売りたい・買いたいときに行う「事業譲渡

会社をまるごと売買する「株式譲渡」に対し、会社の中身のみ、あるいは特定の事業部門のみを売買するのが「事業譲渡」です。複数の事業を手がけている企業が、一事業(部門)のみ切り離したい場合に、よく行われる手法です。旧商法では「営業譲渡」と呼ばれていました。

【図解】事業譲渡の流れ