合併で3社が登場する「三角合併

三角合併(Triangular merger;トライアングラー・マージャー)」は、合併という名前がついていますが、株式交換を使った買収手法のひとつです。通常の合併では存続会社と消滅会社の2社が当事者となりますが、これに親会社が加わり3つの当事者となることから、三角合併と呼ばれています。

【図解】三角合併の場合