ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【公認会計士監修】三角合併(さんかくがっぺい)|手法解説

alt

【公認会計士監修】M&A手法解説「三角合併(さんかくがっぺい)」

合併で3社が登場する「三角合併

「三角合併(Triangular merger;トライアングラー・マージャー)」は、合併という名前がついていますが、株式交換を使った買収手法のひとつです。通常の合併では存続会社と消滅会社の2社が当事者となりますが、これに親会社が加わり3つの当事者となることから、三角合併と呼ばれています。

【図解】三角合併の場合

NEXT STORY

平成31年度税制改正でM&Aに関係する組織再編税制の変更点は?しっかり学ぶM&A基礎講座(50)

平成31年度税制改正でM&Aに関係する組織再編税制の変更点は?しっかり学ぶM&A基礎講座(50)

2019/01/14

「平成31年度税制改正大綱」が公表され、昨年12月21日に閣議決定がなされました。M&Aに関係するところでは組織再編税制にかかる変更点があります。「逆さ合併」や「三角合併」が行われた際のニーズにより柔軟に応えるものとなりました。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5