複数の会社をひとつにする合併

合併(Merger)」とは、2つ以上の会社がひとつの会社になるM&Aの手法です。規模の大きい企業が規模の小さい企業を吸収するなど一方が存続し、もう一方が解散する「吸収合併」という手法と、新会社を設立し、その会社にすべてを統合して両社を法律上消滅(解散)させてしまう方法を「新設合併」といいます。

実際に行われる合併の大半は「吸収合併」ですので、本ページでは吸収合併について解説します。

【図解】吸収合併の流れ