完全買収せず、経営に一部参加したいときに行う「第三者割当増資

第三者割当増資(Rights offering、Allocation to third party)」とは、売り手企業が買い手企業に対して新たに株式を発行し、引き受けてもらう手法です。新株引受(しんかぶひきうけ)ともいいます。売り手企業のオーナーに現金は入りませんが、会社に資金が導入されるため、会社の財務基盤は強化されます。

【図解】第三者割当増資