スクイーズ・アウトは少数株主を排除するための手法です。株式会社では、議決権の過半数を保有すれば、経営に対する支配権を獲得することができると言われます。しかし、少数株主がいる限りは、経営の自由度に一定の制約がかかります。それを解決する手段がスクイーズ・アウトです。

そのため、M&Aで支配権を取得した場合にも他の株主の影響を排除するためにスクイーズ・アウトを実施することがあります。今回はスクイーズ・アウトが具体的にどのような方法で行われるのかを確認してみましょう。

少数派株主は意外と強い権利を持っている

株式会社は資本多数決の原理が支配する組織です。頭割りの多数決ではなく、お金をたくさん出した者が決定権を持っています。資本多数決は無制限に認めると、少数派株主の犠牲のもとに多数派株主の利益を図ることも可能です。そこで、会社法では少数派株主の権利を保護するため、資本多数決に一定の歯止めを設けています。

例えば、株式を1株しか保有していない単独株主であっても、株主総会における議案を提案する権利が認められています。また、株主総会に出席し、質問する権利も当然のものとして守られています。

こうした単独株主権に加え、議決権の1%以上を保有する株主には、少数株主権として、株主総会における議題を提案する権利が与えられます。上述のとおり、単独株主は「議案」を提案できます。これに対して、1%以上を保有する株主は「議題」を提案できるという訳です。

議題というのは「取締役選任の件」のように総会で取り上げるべきテーマのことを指します。単に「A氏を取締役に選任する」という議案よりも議題の方が格上ということができます。

また、議決権の3%以上を保有する株主には、会社の会計帳簿の閲覧等を請求する権利が認められています。会計帳簿は会社の機密に近い情報が記載されているものです。そうした会計帳簿類の閲覧や謄写を求める権利は大変強い権利といえるでしょう。

その他、議決権の10%以上を保有する株主には、会社解散請求権という会社の存立にも関わる権利が認められています。