ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【中小企業のM&A】従業員・取引先への説明はどうする?

alt

M&A成立後の統合プロセスのことを「PMI(ピーエムアイ;Post Merger Integration)」と呼びます。規模が小さい中小企業のM&Aであっても、この過程をおろそかにしてはいけません。

特に中小企業のM&Aにおいて、M&Aを成功させるには「従業員や取引先がそのまま引き継がれること」が大前提となります。とある会社では「会社が買収されました」と事務的な報告のみで社長が会社を去り、不安に感じた従業員がその後相次いで退職したそうです。説明がつたないために従業員のモチベーションを下げてしまっては、M&Aがうまくいくはずがありません。

事例はこちらから https://maonline.jp/articles/sunakawa0276

従業員や取引先への説明のポイントは次の2つです。
ひとつは「説明のタイミング」、もうひとつは「説明の仕方」です。

1.説明のタイミング

一般的には、基本合意締結後に、幹部クラスの従業員に「極秘事項」として公表し、最終契約締結後に、その他の従業員と取引先に話すのがよいでしょう。

2-1.従業員への説明の仕方

一同に会して説明することもあれば、心温まる手紙をしたためるオーナーもいます。従業員への説明は、心を込めて説明すること、雇用の継続を伝えることが重要です。

また交渉途中の段階で、内密にM&Aを進めていることを心苦しく感じる経営者もいるようですが、契約が固まるまでは絶対に内密にしておくべきです。情報が漏れて噂があっという間に広がり、あらぬ動揺を招いてしまっては元も子もありません。

2-2.取引先への説明の仕方

主要取引先へは、オーナー自ら直接挨拶に伺い、それ以外への取引先へは社長交代に合わせて書面(挨拶状など)でお知らせすることが多いです。場合によっては、特に重要な大口取引先に対して、最終契約前に内諾を得ておくことが必要な場合もあります。

文:M&A Online編集部

M&Aの流れ 記事リンク(URL)
1.どうすれば売れる会社になれるのか https://maonline.jp/articles/sell_how
2.仲介機関との契約 https://maonline.jp/articles/buyout_broker
3.企業評価の算定 https://maonline.jp/articles/value1006
4.ノンネームシート一次情報)の開示 https://maonline.jp/articles/non-name-sheet
5.トップ面談 https://maonline.jp/articles/top-mendan
6.基本合意の締結 https://maonline.jp/articles/loi
7.買収監査デューデリジェンス)の実施 https://maonline.jp/admin/articles/buyout_dd
8.最終契約の締結 https://maonline.jp/articles/pa
9.代金決済 https://maonline.jp/articles/daikin-kessai
10.従業員や取引先への公表
11.引継ぎ開始 https://maonline.jp/articles/hikitsugi

次の記事を読む 「買収後の引継ぎはどうする?」(記事はこちらから

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【中小企業のM&A】アフターM&Aと企業文化

【中小企業のM&A】アフターM&Aと企業文化

2017/06/06

会社の規模の大小に問わず、どの会社にも固有の企業文化(カルチャー)があります。買収後のアフターM&Aの事業運営にあたって、十分な配慮が必要になるのが、この「違い」です。