M&Aで最も重要な「最終契約」とは

譲渡代金の決済方法や新経営陣をどうするか、前社長からの引継ぎ期間とその間の肩書きや報酬について、さらには私的に使っている車、社長名義の保険の積み立て・・・等々、細部に亘り取り決めした事項を契約書に盛り込みます。

株式譲渡の場合は、「株式譲渡契約書」を。事業譲渡の場合は「事業譲渡契約書」を最終契約として締結します。

これまで協議した内容と契約書面の内容に相違がないかをよく確認しましょう。不明な点、分からない点があればあいまいにせず、M&A仲介機関の担当者に確認をするとともに、顧問弁護士にも確認してもらうとよいでしょう。

最終契約に盛り込まれる主な条項

1.譲渡手法(スキーム
2.売買金額(評価額)
3.役員・従業員の処遇
4.引継ぎ期間およびその間の報酬、肩書き
5.借入金や個人保証・担保の取扱い
6.会社名義の個人資産の取扱い(車など)
7.表明保証の期間と範囲

文:M&A Online編集部

M&Aの流れ記事リンク(URL)
1.どうすれば売れる会社になれるのかhttps://maonline.jp/articles/sell_how
2.仲介機関との契約https://maonline.jp/articles/buyout_broker
3.企業評価の算定https://maonline.jp/articles/value1006
4.ノンネームシート一次情報)の開示https://maonline.jp/articles/non-name-sheet
5.トップ面談https://maonline.jp/articles/top-mendan
6.基本合意の締結https://maonline.jp/articles/loi
7.買収監査デューデリジェンス)の実施https://maonline.jp/admin/articles/buyout_dd
8.最終契約の締結
9.代金決済https://maonline.jp/articles/daikin-kessai
10.従業員や取引先への公表https://maonline.jp/articles/setsumei
11.引継ぎ開始https://maonline.jp/articles/hikitsugi

次の記事を読む 「M&Aの代金決済」(記事はこちらから