基本合意は「後戻りしない」という決意をしてから

売り手・買い手双方の交渉段階で締結するのが「基本合意書(LOI;Letter of Intent)」です。「いつ、いくらで、どのような方法で譲渡するか」という骨子を定めた仮契約です。

おおよその譲渡価額と譲渡手法(スキーム)も決まり、ようやく安心して売り手側は話を前に進めることができます。

基本合意書は、売り手・買い手双方のこれまでの交渉結果をなるべく具体的に盛り込んだ契約書にしましょう。

基本合意後の破談は、特に中小企業のM&Aにおいては避けなくてはいけない事態といえます。というのも、売り手企業の幹部社員に告知をしたり、あるいは主要取引先に内諾を得るために情報開示をしてしまった後に、破談というわけにはいかないからです。

基本合意は「後戻りしない」という決意ができてから、契約締結に臨みましょう。

基本合意書に盛り込む主な内容

1.譲渡手法(スキーム
2.譲渡価額
3.譲渡時期
4.役員・従業員の処遇について
5.独占交渉について
6.秘密保持
7.買収監査(デューディリジェンス)の実施とその協力
8.解除条件
9.有効期限

文:M&A Online編集部

M&Aの流れ記事リンク(URL)
1.どうすれば売れる会社になれるのかhttps://maonline.jp/articles/sell_how
2.仲介機関との契約https://maonline.jp/articles/buyout_broker
3.企業評価の算定https://maonline.jp/articles/value1006
4.ノンネームシート一次情報)の開示https://maonline.jp/articles/non-name-sheet
5.トップ面談https://maonline.jp/articles/top-mendan
6.基本合意の締結
7.買収監査デューデリジェンス)の実施https://maonline.jp/admin/articles/buyout_dd
8.最終契約の締結https://maonline.jp/articles/pa
9.代金決済https://maonline.jp/articles/daikin-kessai
10.従業員や取引先への公表https://maonline.jp/articles/setsumei
11.引継ぎ開始https://maonline.jp/articles/hikitsugi

次の記事を読む買収監査デューデリジェンス)の実施」(記事はこちらから